<-- OGP -->;

おしゃべりランチ

きままなお昼休みトークbyレンズ豆のスープ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

KIITOゼミ「自分で食べる”食”の勉強をしよう!」(講師:John Moore氏)に出ました 

 

久しぶりにブログ再会します。

神戸のKIITOのゼミ

+クリエイティブゼミ vol.13 食編「神戸発:自分で食べる”食”の勉強をしよう!」

の第1回に参加しました。

第1回はSEEDS OF LIFE代表、ジョン・ムーア氏による
「在来種、F1種について」のレクチャーでした。

在来種、F1種ということば、ご存知ですか?

在来種とは、植物を育ててはタネをとり、それを蒔いてまた育てる〜
これを何世代も繰り返すうちに、その土地の環境に適応した安定した品種のこと。
「なんだ、あたりまえ」と思うかもしれませんが、
実は今流通している殆どの種は、これではなくF1種の方。

F1種は人工的に別々のタネを掛け合わせて作った、雑種。
一代限りで子孫を残さない品種です。

なぜF1種が世の中を席巻しているのでしょう。

F1種の作物は、色や形、大きさが均一。育つ速度もみんな同じ。
つまり一度に収穫できて、バラツキがないので、出荷・販売しやすく経済的なのです。
大量生産・大量消費に都合がいい品種というわけです。

生産性とセットなのが肥料や農薬。
それらは、戦争に使った爆弾や毒ガスの再利用からはじまりました。
窒素肥料を与えると虫が集まり、さらに農薬が必要という悪循環も起きてきました。

経済性がさらに追求され、
ひとつの作物を地域全体で作るモノカルチャー農業が主流になりました。
そうすると野菜の病気がどんどん変異して強くなり、今までの農薬が効かなくなるそうです。
そしてその病気の耐病性を付けるため、さらなる品種改良が行われる…

さて、経済性が優先された工業製品のような作物は
私達人間にとってどうでしょう。
環境にとってどうでしょう。
そして、地球全体にとってはどう見るべきでしょう。

そういったことが、今回のレクチャーのテーマでした。

食べ物の良し悪しの判断はいつも難しい問題です。

今、一生懸命在来種のタネを残そうとしている人たちがいます。
自然と調和した農業を追求している人たちも増えてきているような気がします。
今回の講師、SEED OF LIFE のJohn Moor(ジョン・ムーア)氏もその1人。
高知県の限界集落のような山村に移り住んで、自然農業をされています。

地球上に「不自然」をさんざんまき散らした人間。
その人間が、地球に存在する意味とは何なのでしょう。
なんだか、宗教めいてきましたか・・・?

でも、次の世代、そしてその先の世代の事を考えると、
次世代にバトンタッチする前に、軌道修正が必要なことが
たくさんあるのではないか…

今回のレクチャーを受けて、そんなことを思いました。


タネのこと、知りたいなと思っていたらこの本に出会いました。
在来種にこだわったタネ屋さん、野口種苗研究所の三代目で代表の野口勲さんの著。
漫画が大好きで、あの虫プロで手塚治虫の『火の鳥』の
編集も手がけられたという異色の経歴の持ち主。
手塚治虫とのエピソードや、手塚治虫の世界観、宇宙観と
種のもつエネルギーの共通点などにも言及していて、
種の素人の私でも、とても興味深く読めました。
農業や家庭菜園などやっている方に是非おすすめしたい1冊です。


タネが危ないタネが危ない
(2011/09/06)
野口 勲

商品詳細を見る







スポンサーサイト

category: 本の紹介

tb: 0   cm: 0

△top

『食べもの通信』(食べもの通信社) 

 

『食べもの通信』という雑誌、すばらしい。

1_20130614184116.jpg

『食べもの通信』(食べもの通信社 定期購読:12ヶ月分で6900円)


私も最近知ったのですが、この雑誌は「安全な食べものと、日本の食文化に根ざした健全な食生活への願い」から出発した雑誌。家庭栄養研究会というところが編集しています。

福島の原発事故以降、「放射能汚染は全国の問題」「被災地を忘れず寄り添い続ける」「放射能から子供をまもる」という観点から、毎号必ず放射能関連の企画を続けています。
何より、毎号毎号、良い内容の記事を続けてくれているところに、出版社と編集者の方たちの強い決意を感じます。

決して恐怖をあおるばかりの記事ではなく、「福島の事故のような大規模な放射能汚染は、人類が初めて体験すること」であるという事実をしっかりおさえたうえで、少しでも内部被曝を減らし健全に生きていくためにはどうしたらいいか、チェルノブイリから何を学べるか、子孫の未来のために何をすべきか、など、冷静な視点で集めた情報を、わかりやすい記事にしてくれています。

因みに、今月号(6月号)の特別企画は、福島の健康相談リポート。第一回目の今月号では、免疫力を高めるための自然療法などを用いて福島で健康相談を行っている、はしもと治療院の橋本俊彦さんのお話。橋本さんの活動の目的は、調査ではなく、病気を防ぐための方法を伝えること。体の情報は本人に還元されなければ意味がない、と橋本さんはおっしゃっています。

また「各地の市民測定所から」は第三回目で、今回は横浜市民測定所の話です。
市民がしっかり監視することで、学校や保育園の給食の対応改善が進み、汚染食品の流通の防止につながる。横浜市民測定所には監視機関としての重要な役割があるのだという考えで運営されているそうです。

興味のある特集の月だけ買おうか、定期購読しようか迷い中です。



category: 本の紹介

tb: 0   cm: 0

△top

『サラダ油が脳を殺す』  

 

少し前にこの本を外で読んでいた時は、
過激なタイトルゆえに、

「何ですか?その本」

と何人もの人に聞かれました。

『サラダ油が脳を殺す』

41VOadlOfiL__SL500_AA300_.jpg

『サラダ油が脳を殺す 「錆び」から身体を守る』→アマゾンのページへ

でも、本の内容をひと言で表すと、
確かに、こうなります。

一般的に「サラダ油」と言われる油や、
コーン油やベニハナ油、大豆油などは、
「リノール酸」という脂肪酸の多い植物油です。

現代人がこのリノール酸を摂りすぎており、
体に様々な害を及ぼしていることは、
研究者のあいだでは常識であり、
油に詳しい消費者は皆知っています。

この本では、そのことは大前提としたうえで、
激増している「心の病」や「うつ」
を誘因しているのも、やはりリノール酸による、
細胞の酸化ストレスであることに言及した本です。

この本を書いたのは、山嶋哲盛氏。
金沢大学大学院再生脳外科の先生です。

リノール酸を熱することでできる
「ヒドロキシノネナール」が細胞膜を錆びさせることが、
神経細胞死の原因である、という説が、
世界中の研究者の間で話題らしいのですが、
そこに山嶋先生は、オリジナルのコンセプトも
加えて、そのメカニズムを詳しく解説しています。

物忘れと油の関係。
血管の老化は脳の錆びに直結。
どんな人が認知症になりやすいか。
どんな油が脳を生かすか。
抗酸化物質を味方につける。
インドカレーでアルツハイマー予防。
脳トレでボケ防止できるか。


気になる話題ばかりですが、
端的に言うと、
「脳の健康のために、不足していて摂るべき油は
オメガ3系の魚油やαリノレン酸であり、
減らすべき油はオメガ6系のリノール酸。」

わかりやすい解説で読みやすく
とてもためになる本です。

「脳を生かすも殺すも食用油次第」

その通りだと思います。
興味のある方は是非読んでみてください。


category: 本の紹介

tb: 0   cm: 2

△top

マヨラーの脳内には、βエンドルフィンが! 

 

「マヨラー」
は何にでもマヨネーズをかける
マヨネーズ大好き人間のこと。

本当に中毒になる物質が入っているんだよね?
とよく言いますが、その正体は
「βエンドルフィン」
という脳内麻薬物質。

βエンドルフィンというと、
人が「ランナーズ・ハイ」とか、「トランス状態」に
なったときに分泌されるアレですね。

多幸感、つまり幸せ~な気持ちにさせてくれる
物質です。

恋愛の状態に照らし合わせると、
恋愛初期に分泌するのが興奮ややる気や性欲を
おこさせるドーパミンで、
2~3年経って、ドーパミンが収まったころに
分泌されてくるのがβエンドルフィン。

βエンドルフィンは安心や休息を与え、
幸福感をもたらす物質です。

『味覚と嗜好のサイエンス』の著者、
京都大学の伏木 亨教授は、

「世の中には、無茶苦茶おいしいものが3つあります。
それが「砂糖」と「油」と「だし」
「病みつきになる」つまり「中毒になる」ものは、
全てこの3つからできています。」

と言っています。

51U8wWJkGoL__SL500_AA300_.jpg
『味覚と嗜好のサイエンス』伏木 亨著→アマゾンのページへ


「だし」は、生命維持に必要で、かつ体内で合成できない
「必須アミノ酸」をたくさん含んでいます。
「砂糖」は素早く分解されエネルギーになる糖で、
細胞膜をつくる「油」も人体の維持に必須な脂肪酸。

「砂糖と油とだし」は、言って見れば、
動物が生命維持に最も必要とするものなのです。

そして私達は「油」「砂糖」「出汁(アミノ酸)」を摂ると、
「美味しい」と感じ、βエンドルフィンの分泌を
急上昇させて、快感を感じる仕組みになっているらしいのです。

マヨネーズが特にどうということでは
ないのかもしれませんが、
マヨネーズは主成分が油ですから、
βエンドルフィンがでちゃっても不思議はないのですね。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、
マヨネーズを作ってみましょう。
しかも、アルガンオイルをつかった、
ヘルシーマヨネーズですよ!

category: 本の紹介

tb: 0   cm: 2

△top

『エキストラバージンの嘘と真実』 

 

41ZibABo+wL__AA160_.jpg
『エキストラバージンの嘘と真実』(日経BP社)→アマゾンのページへ


昨年11月に日経BP社から出版された
『エキストラバージンの嘘と真実
~スキャンダルにまみれたオリーブオイルの世界』


です。

北米で出版されてベストセラーになった本の翻訳本です。

オビのキャッチコピーは

「あなたのオリーブオイルは大丈夫?」

え?何のこと? とお思いですか?

残念ながら結構多いようです、偽装や不正、犯罪。
主にヨーロッパや北米など、世界の主な生産国と
消費国の話ですが、年々オリーブオイルの需要が
増えている日本も無関係ではありませんね。

例えば、酸化した売れ残りオイルを
高温で脱臭、脱色して無味無臭にし、その後エクストラバージンを
足して、再度「エクストラバージンオリーブオイル」として売る、とか、
安い大豆油やヘーゼルナッツ油などに色と香りを付けて、
「エクストラバージンオリーブオイル」として売る、とか。

当然ですが、そんな偽物オイルに
抗酸化作用、抗炎症作用、免疫力を高める作用、
紫外線から細胞を守る働き、神経障害の予防など、
健康効果は全く望めません。

健康効果を期待して、オリーブオイルを
摂っている人も多いのに、これはいけませんよね。

オリーブオイルの栽培には結構手間がかかるのです。
人件費もかかります。
取引先のオリーブオイル農場を訪ねてみて、
「なるほど、真面目に高品質のオリーブオイルを
作るためには想像以上の労力とお金がかかるものなのだ。」
思いました。

私はある時期まで、もっと安くオイルを
提供できないかと考えていたわけですが、
高品質の「エクストラバージンオリーブオイル」
でなければ、販売する意味がないと
思うようになりました。

古代人が「神様からの贈り物」と考えた
オリーブオイル。
そのオリーブオイルの素晴らしさと
危機について、ぜひこの本で知ってください。

category: 本の紹介

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。