<-- OGP -->;

おしゃべりランチ

きままなお昼休みトークbyレンズ豆のスープ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

荻窪のイタリアン DRAMMATICO(ドラマティコ) 

 

やっぱり、イタリアンが好きなので、
昨日の夜イタリアン食べにいって、今日のお昼がまたまたイタリアンでも
全然平気、というか、むしろ嬉しいです。

今日は、グラフィックデザイナーをされている方と
荻窪のDRAMMATICO(ドラマティコ)というレストランでランチ。

初めてのレストラン、ワクワクします。

荻窪の静かな住宅街の中にある、隠れ家的なレストランで。
フレンチ風の内装がとても落ち着くお店でした。

DRAMMATICO1.jpg


お料理もおいしく、すっかり落ち着きすぎて3時間近く
居続けてしまいました。
お店の方、ごめんなさい。

ちなみにパンと一緒にテーブルにだされるオリーブオイルは
シチリアの「レ(Re)」でした。
シチリアのトンダ イブレア種から作るオイル、美味しいんですよね。

当店でも以前輸入していたのですが、残念ながら
生産者がやめてしまって・・・
また、仕入れたいな〜

DRAMMATICO2.jpg
たこのボロネーゼが美味しい!

こちらのお店は特に自家製平打ち麺と、ドルチェが絶品でした。
一緒にいったデザイナーさんの話では、おせち料理もだしていて、
とっても美味しいのだとか。
いいですね、イタリアンおせち。
来年は私もイタリアンおせちに挑戦してみようかな。

DRAMMATICO3.jpg
ピスタチオのジェラートにカラメリゼされたナッツも入って、もう夢見心地になるドルチェです。


【お店データ】
RISTORANTE DRAMMATICO
住所:東京都杉並区南荻窪4-43-9
電話番号:03-3333-1377
営業時間:11:30〜14:00 17:30〜21:00
定休日:水、第三火曜日
HPはこちら→ 
食べログのページはこちら→ 

スポンサーサイト

category: レストラン

tb: 0   cm: 0

△top

阿佐ヶ谷のMU(ミュー)再び 

 

東京で妹達やその家族など、みんなで集まって食事をするときは、
だいたい阿佐ヶ谷のMUさんに行きます。

やはり飲食店(串揚げ屋)をやっている下の妹夫婦の
お友達のお店がMUです。

家族みんなイタリア料理が好きなところにもってきて、
シェフの宮島さんのお料理がめちゃめちゃ美味しいので、
みんなとっても気に入っています。

Mu1.jpg
Mu2.jpg
Muの6
Mu4.jpg
Mu5.jpg


今日も、豪華な前菜盛り合わせ、絶品の平たいパスタ、魚、鴨と豚のロースト。
そして、デザート、とどれも素晴らしく美味しかったです。
今月は息子の誕生日だったのですが、ドルチェのお皿にチョコで
”Happy Birthday”と書いてくれました。
そんな気配りもうれしいですよね。

楽しい時間と美味しい料理に感謝です。

【お店データ】
レストラン ミュー (Restaurant MU)
03-3317-7278
東京都杉並区阿佐谷南1-47-7 (阿佐ケ谷駅から210m)
<営業時間>
11:30~14:00(L.O) 18:00~22:00(L.O)
ランチ営業、日曜営業

ミューさんで当店のオリーブオイルを使っていただいております。
「使いやすくてとても美味しい」と、シェフにお墨付きをいただきました!!
ありがとうございます。
使っていただいているのは、Mostoのオリーブオイルです。

mosto_btl_l.jpg

タジャスカオリーブのオイル MOSTO(モスト)のページはこちら

category: レストラン

tb: 1   cm: 0

△top

そば工房 桜 

 

ここのお蕎麦にはまっております。

蕎麦3

神戸市営地下鉄山手線の妙法寺駅、
リファーレ横尾の1階にある、
『そば工房桜』さん。

関西に来てから、うどんはどこの店にはいっても
美味しいんだけれど、好みのお蕎麦屋さんが
なかなか見つからずにいましたが、
ここのは、美味しい!

蕎麦粉は岡山県産。
岡山県産が足りないときは、北海道産を
まぜているそうです。

十割そばでも、白っぽい麵は、
細くて繊細な感じですが、
しっかりと蕎麦粉の味がして、茹で具合も私好み。

そして、なんといっても蕎麦湯が絶品なんです。
甘酒みたいな濃度があって、なんともいれない
優しい味がします。
聞くと、ただの茹で汁ではなく、
それ用に特別に作っているのだそうです。

も~、これだけでも注文したいくらい美味しい。

ここのご主人、まだお若いのですが、
手が腱鞘炎になってしまって、たくさんは打てない
のだそうです。
だから、十割そばは数量限定
1回目は売り切れていて食べられなかったので、
2回目はお友達が予約してくれ、
食べることができました。

蕎麦1
蕎麦がきがまた、美味しいんです。ふかふか!

しばらく、通いそう~。
スーパーの横の小さなスペースの
お気に入りのお蕎麦屋さんご紹介、でした。

【お店情報】
店名:そば工房 桜
住所:〒654-0131 兵庫県神戸市須磨区横尾1-5 リファーレ横尾1F
アクセス:神戸市営地下鉄線 妙法寺駅 徒歩1分
     阪神高速神戸山手線 妙法寺I.C. 車5分
TEL:078-741-1237
営業時間:月~日ランチ・ディナー 10:00~20:00(L.O.19:00)
定休日:不定休日あり


category: レストラン

tb: 0   cm: 0

△top

苦楽園口のカフェ『bin(ビン)』  

 

神戸のカフェの紹介です。

苦楽園口から歩いて6分の
『bin(ビン)』
ジャンルとしては、「コーヒー専門店、カフェ、スイーツ」。

閑静な住宅街のなかに、
目立たない外観でポツリ、とたたずむお店。
前まで行って、よ~く見ないと
カフェだということも、すぐにはわかりませんよ。

お店の入り口横のスペースには、
有機野菜の移動販売やっている、ヤムサイさんの
小型トラックが。

Yamsai(やむさい)さんのHPはこちら→

野菜販売に集まっている人だかりで
「あ、ここだ」とわかりました。

「こんにちは~。繁盛してますね!」
とヤムサイさんに挨拶して店内へ。

何かの工房かアトリエのような、アンティークな店内に、
店主の趣味の良さをうかがわせる、雑貨や絵画などが並ぶ、
不思議なお洒落空間です。

しばら~くして、やっと厨房から出て来てくれた、
寡黙な感じのハンサムな店主。
厨房もホールもひとりでやっているのね。

10_20130826015050808.jpg

有機ワインと1種類だけのランチを注文。
ランチは焼野菜のサラダとトマトソースのパスタでした。
しっかりと野菜の味がする、ホンモノの野菜。
パスタはとても優しい味。

なかなかイケます。
友人と二人、ワインでご機嫌。
このあとの仕事のことはしばし忘れ、
ランチを堪能しました。

9_201308260150485d5.jpg

今日の目的はbinのランチと、
ヤムサイさんで、「ホーリーバジル」を購入すること。

ホーリーバジルは
サンスクリット語でトゥルシー(tulsi)、
日本ではカミボウキと言われているシソ科の植物です。

12_20130826015049e0e.jpg

食べられるし、お茶にもするし、
また万能薬としても使われるハーブで、
アジア世界を中心に古代から栽培されてきました。

ヤムサイさん曰く、
「ホーリーバジルのお茶を飲めば、
頭痛でもなんでも治るよ」ということでした。

すごくいい香り。
普通のバジルよりもさらに強い。
香りをかいだだけで、胃がスッキリするような
気さえします。

14_20130826015049708.jpg

夕飯はホーリーバジルでタイ料理のガパオを作りました。
とても香りのいいガパオになりましたよ。

そう言えば、今日はめずらしい、
『須磨琴』というのを見せてもらいました。

一枚の板に一本の弦だけが張られた、一絃琴です。
野菜を買いにきたお客さんのひとりが
須磨琴のお稽古の帰りなのだそうで、
持っていたのをみんなで見せてもらったのです。

検索してみたら、
「9世紀ころ、在原行平(ありわらのゆきひら)が
須磨に流されたとき、日々のつれづれを慰めるために
作ったという俗説がある。」
と書いてありました。

あ、須磨って島流し先だったんだ…。

…と、そこのところが気になってしまいましたが、
なんだか楽しい1日でした。

11_20130826015050112.jpg
これが須磨琴。「ちょっと弾いてみていい?」とヤムサイさん。似合ってますよ!

【お店データ】
店名:bin (ビン)
TEL:予約 0798-20-3087
住所:兵庫県西宮市豊楽町5-26
交通手段:苦楽園口駅から430m
営業時間:正午~23:00 ランチ営業、日曜営業
定休日:火曜日
平均利用金額~¥999
食べログのページはコチラ→


category: レストラン

tb: 0   cm: 0

△top

神戸市東灘区 『マナーハウス モトヤマ』  

 

久しぶりに神戸のレストラン情報です。

阪急の岡本駅から徒歩8分くらい、かな?
『マナーハウス モトヤマ』
1戸建てのお庭がすてきなカフェ・レストランです。

7_201308252232495d9.jpg

実は目指していた別のお店が定休日で入れず、

「どこにする~?」
「他、どこか知ってる~?」

…なんて友人と3人で歩いていて、偶然見つけたお店です。

でも、大正解!

内装もお洒落で、雰囲気が良く、
くつろげて、料理も美味しかった。

1_20130825223248ae5.jpg
庭にも席が。でも今日は暑いので中で

4_20130825223246338.jpg
誰かの家に遊びにきたみたい。ウェルカムな雰囲気いっぱい

2_201308252232486e2.jpg

私は『とりもも肉のグリル 自家製ハーブ風味』
のランチをいただきましたが、
レモンガーリックの下味がしっかりついていて
バターライスと良く合っていました。
付け合わせの野菜のグラッセもいいお味。
パンとサラダ、ヨーグルトのデザートと
コーヒーがついて1300円は高くない!
大満足。

3_201308252232479ad.jpg

友人の『スリランカ風チキンカレー』
美味しそうでした。

庭に面したとっても落ち着く席にとおされたもので、
食後もゆっくりおしゃべりタ~イムとなりました。

岡本の駅周辺にはお洒落なお店が
ぽつぽつと点在しています。
そのわりに人通りも少なく、のんびりした感じ。

初めて来たんだけど、いい街ですね。
ウチからもう少し近いといいのに。

阪急電車もそこはかとなくアンティークでいい感じ。
また今度、ゆっくり歩いてみたいな。


【お店データ】
店名:マナーハウス モトヤマ
TEL(予約):078-441-0041
住所:兵庫県神戸市東灘区本山北町2-15-3
アクセス:
 JR摂津本山駅から378m
 阪急岡本駅から 8分くらい
営業時間:11:00~19:00 ランチ営業あり
定休日:不定休
食べログのページはこちら→


ごちそうさまでした~


category: レストラン

tb: 1   cm: 0

△top

串揚げ文(くしあげぶん) 

 

東京・竹橋にある串揚げ店『串揚げ文(ぶん)』は、
私の妹夫婦のお店です。

3187t.jpg

オープンして4年。
店主の文ちゃんは、どんどん腕をあげています。
やはり研究熱心で仕事丁寧だからだな、
とつくづく思います。

ちなみに妹は、経理をやっていて、
普段は店にはでていません。

IMG_0552.jpg
こちらが店主の中尾文彦さん。義理の弟です


身内だから褒めるわけではありませんが、
ここの串揚げ、本当に美味しい。
使っている素材もいいし、揚げ方もバツグン。

「飲食店は、良い仕入先が見つかるかどうかが勝負。」
と始める前から言っていたものね。

素晴らしい素材が、サックサクの衣に包まれて…
串揚げってこんなに、食べやすいものだったの?
という感じ。

いくらでも食べられてしまうのは、
やはり衣がカラッと揚がっていて、
油臭さが全くないからなんですね。

TRANOIで揚げ油を扱おうと思った時、
文ちゃんにいろいろ話を聞きました。

やっぱり、ヒマワリ油がいいみたい。
「サクッとかる~く揚がって油のキレもいいので、
ちょっと割高ではあるけど、使っています。」

という事でした。

串揚げ以外のお料理も、お酒もおいしいです。

3205.jpg

先日いただいた、薩摩の芋焼酎「野海棠」も、
とっても美味しかった。
一緒に行った友人たちも気に入ってくれて、
その後何度も行ってくれてます。

去年麹町にだした2店舗目『串揚げ文・麹町店』も
なかなか快調なようです。
文ちゃんのモットーは、
「お客さんの希望は全部きく。」

…なかなか言えませんよね、そこまで。
私も見習わなくっちゃ。

上京したら必ず行きたい店、
『串揚げ文』をご紹介しました。

飲食店やっている身内がいるのってステキ!


【お店情報・本店】

店名:串揚げ文(クシアゲブン)
住所:〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-19 1F
アクセス:地下鉄 神保町駅 A9番出口 徒歩5分
    :地下鉄東西線 竹橋駅 徒歩5分
TEL:03-3233-0130
営業時間:
ランチ 月~金 11:30~14:00
    土 12:00~14:00
ディナー 月~木・土 17:00~23:00(L.O.22:30)
     金 17:00~翌2:00
定休日:日曜日、祝日
ぐるなびのページはこちら→



【お店情報・麹町店】

店名:串揚げ文(クシアゲブン)麹町店
住所:〒102-0083 東京都千代田区麹町3-5-5 望月ビルB1
アクセス:地下鉄有楽町線 麹町駅 徒歩2分
TEL:03-5357-1949
営業時間:
ランチ 月~金 11:30~14:00
    土 12:00~14:00
ディナー 月~木・土 17:00~23:00(L.O.22:30)
     金 17:00~翌2:00
定休日:日曜日、祝日
ぐるなびのページはこちら→


お近くの方は是非、一度行ってみてくださいね。

category: レストラン

tb: 0   cm: 0

△top

東京 市ヶ谷のKornBord(コルンボード) 

 

KornBord(コルンボード)さんのご紹介。

1_20130718221536.jpg


ヨーロッパ調の入り口ですが、東京の市ヶ谷です。
KornBoardの「Korn」はドイツ語あるいは北欧語で「穀物」、「Bord」は「テーブル・食卓」という意味。
30年以上にわたり、ヨーロッパの食材の輸入販売をやって来られた、株式会社ピボット・イン・ジャパンさんのイートイン付きの直営ショップです。

4_20130718221540.jpg

ショップ内には北欧やドイツ、スイスなどから直輸入の製品すべてが並べられてあり、商品について質問があれば、お店をとりしきっておられる社長の奥さまが丁寧に答えて下さいますし、試食もさせていただけます。

商品は、ほとんどがビオ(有機)食品を中心としたヘルシーフーズ。サプリメントも扱っているようです。厳選されたものばかりという印象です。

KornBoardをやっている会社の代表取締役、村田さんにお話を聞きました。
30年以上、北欧を中心としたヨーロッパに出向いていい食材を探し、日本への輸入の道筋を作って来られた方です。今のように輸入の環境もできていないし、長い間の取引のうちに、各国の事情もかわってくるし、並々ならぬご苦労があったようです。いろいろと勉強になるお話をきけました。

こちらで人気の商品はスイスのミューズリー。
ミューズリーとはオーツ麦やその他の穀物をフレーク状にし、ナッツやドライフルーツを加えたシリアルの一種。普通は牛乳や豆乳、ヨーグルトなどかけて食べます。

それから、ドイツの全粒粉の黒パン、プンパニッケル。あまり日本人に馴染みがないかもしれませんが、チーズやハム、サーモンなど載せると味わいがあって結構好きです。


でも、私が一番美味しい!すぐに買って帰りたい!
と思ったのはコレ!
デンマークのマスタード。

tn_bornholm_mustard-dill.jpgtn_bornholm_mustard-redcurry.jpg

パンに塗って、クリームチーズとスモークサーモンを載せたものを試食させていただきましたが、もう至福の味です。「ディル」風味と「カレー」風味など、そのままスプーンで舐めても美味しいんです。
そのまま食べておいしいマスタード、なかなかないですよ。


DSC_0107.jpg
家に届いたサンプルをさっそく食べてみました。ドイツのパンにクリームチーズ。
そしてマスタードのせるだけでウマイ!! オリーブはアクセント



これ、お肉や魚料理なんでも合いそう。すごく重宝しそう。
…で即決です。
当店でも販売させていただくことにしました。

DSC_0113.jpg
こっちがカレー味

DSC_0118_20130718221739.jpg
ディル味がまた美味しい。スモークサーモンにピッタリです。
今日な無いので残念!


それともう一つはハーブソルト。ハーブが入った香りのいいお塩を探しておりました。
セロリの風味がきいた「ハーブマーラ」と唐辛子やホースラディッシュなどが入ってほんのりピリ辛の「トロコマーラ」どちらも美味しいです。
これらの試食用に出していただいたのは、ご飯にこのお塩をほんの少し振りかけた塩ご飯。これが何とも美味しくて、こちらも即決。

これももうすぐ販売開始します。
自宅で既に使っていますが、すごい人気。あっという間になくなりそうです。

tn_bioforce_herbmare.jpgtn_bioforce_trocomare.jpg


実はこの近くで働いている友人が2人いて、時間があえばここのイートインのランチに誘おうかな~、なんて目論んでいましたが、楽しくお話をきいたり、試食させていただいているうちに、気がつくとお昼ずいぶん過ぎてしまい、お昼はひとりでいただくことにしました。

スープやオープンサンドも美味しそうでしたが、試食でオープンサンドは既にすこしいただいていたので、カレーにしました。先ほどのミューズリーを使ったベジタブルカレーです。
優しい味で美味しかった。アボガドがのっているのはスウェーデンのライ麦のパン、クネッケです。

6_20130718221542.jpg


イートイン、いいですね。食べてみて美味しかったら買ってかえる。
ネットショップはそれができないのが残念。もう、私が一生懸命食べてお伝えするしかないですね。

【お店情報】
住所:〒102-0074東京都千代田区九段南3-2-15大塚ビル1F
TEL:03-6268-9066(店舗) 03-3262-0511(本社)
営業時間:10:00〜18:00
定休日:土・日・祝日
お店のWEBサイトはこちら
 




category: レストラン

tb: 0   cm: 0

△top

東京南青山の 『南青山野菜基地』 

 

東京南青山のカフェ・レストラン『南青山野菜基地』の
コンセプトは、

"野菜につどう"

食べると言うことを、食材の"いのち"を自分の体に取り入れる行為ととらえ、生き生きとした新鮮な農作物を口に運ぶ生活によって、"野菜のいのちを味わう"こと。
そうすることで、巷に溢れる、人びとのアレルギー反応や人命を脅かす病気をなくしていこう、ということです。

100%賛同します

こちらで出される農作物は、ほぼ全てが余計な薬や肥料を使わず 自然(土壌)に負荷を与えない
自然農法や有機農法で作られた“ 真っ当 ”な野菜

野菜の「ほんらいの味わい」をシンプルな味付けで堪能できるお店です。

1134.jpg
野菜基地のオードブル
RIMG0772.jpg
野菜基地のベジバーガー
_IMG0409.jpg
根菜と蒟蒻のキーマカレエ

野菜にかけたり、パンにつけたりする用のオイルとして、当店の
「エクストラバージンオリーブオイル DOPリヴィエラ・リグレ」
を使っていただいています。(下の写真)

_IMG0374.jpg

サラダランチなどを注文すると、500mlの瓶ごとテーブルに出してくれます。
「お好きなだけ使ってください」ということ。
美味しい野菜には、このオイルにフランス、ゲランドの塩だけでオーケーなんです。

_IMG0407_20130717170737.jpg
野生のソーセージ(鹿)(野菜基地だけど、野菜だけというわけではありません)

_IMG0394.jpg
フレッシュマッシュルームと小海老のアヒージョ
 

*料理の写真はすべてお店の許可をいただいて掲載しています。


代表の中通さんは、神戸市の今、私が住んでいるところからわりと近いところのご出身。
地元の野菜が豊富なこの土地で、本物にこだわる目と、真心込めて作られた野菜への愛が育まれたのでしょうね、きっと(私の想像ですが)。

現在も兵庫県や四国地方の農家さんとのパイプが強く、時にはお客さんを連れて農家を訪ねるツアーなどもしているそうです。

野菜だけでなく、京都の古代米や味噌、福岡県上陽町の八女茶(茶葉)卵、鹿児島の「花の木農場」のポークなどこだわりの食材がたくさん。
野菜好きのお近くの方、ぜひ一度行ってみて下さい。


【お店情報】

『南青山野菜基地』
住所:107-0062 東京都港区南青山2−10−11 1F
電話:03-6447-1607(電話予約はこちらから)
営業時間:
 やさい食堂(昼) 11:30 〜 15:30
 やさい酒場(夜) 18:00 〜 23:00
定休日:日曜・月曜
お店のウェブサイトはこちら



『南青山野菜基地』でお使いいただいている
オリーブオイルはこちらです。
2013_btl_main.jpg

EXVオリーブオイルDOPリヴィエラ・リグレ(500ml)はこちら
EXVオリーブオイルDOPリヴィエラ・リグレ(250ml)はこちら


category: レストラン

tb: 0   cm: 0

△top

日本橋人形町『フレンチーズ』 

 

2


料理のレベルはとても高いんだけど、お値段はそのわりにリーズナブルで、肩ひじ張らずにリラックスして食事の時間を楽しめる店。そんな店が理想です。みんなそうですよね?

東京、人形町の『フレンチーズ』さんは、そんなお店のひとつです。
先日も友人と3人で行ってきました。

3


『フレンチーズ』さんは、もと門前仲町にあった『プチ・ニース』が人形町に移転したお店。
コンセプトは"本格フレンチを小皿でリーズナブルに"です。
なんて嬉しいコンセプト!!

この日は、前菜・メイン・デザートという小さめのコース(3900円)をいただきました。


4

前菜盛り合わせ。「地鶏のテリーヌ 軟骨、フォアグラ入り」と「ウニのムース(みたいなの)」が特に美味しかったです。

6

私のメイン料理は「仔鴨のロースト さくらんぼソース」絶品でした。鴨とフルーツソースってホントにベストマッチ。


8

友人が頼んだのは、こちらのお店の名物「エイひれのムニエル」。私も以前いただきましたが、煮込んだ骨がこりこりして、バターの風味が最高に美味しい料理です。

7

もう一人の友人は白身魚のポワレ。こちらも表面がカリッとしていてとても美味。デザートのお菓子も大満足でした。

11_20130713165509.jpg


こちらのお店の人気メニューは何と言っても、前菜のメニューです。種類がとても多くてどれもこれも魅力的な料理ばかり。しかもどれも840円
注文したコースに前菜盛り合わせがあるので、今回は注文しませんでしたが、前菜だけ何品か注文してワインといただくのも良さそう。(次回はこれでいこう)

そうそう、忘れてはいけないのですが、フレンチーズさんでは、パンと一緒に小皿に入ったオリーブオイルを出してくれます。これが素晴らしいオリーブオイル! そうです。ウチが輸入しているオリーブオイルを使っていただいています。う~ん、やっぱり美味しい!(自画自賛)。

5


この日のお酒は、白ワインとブルゴーニュをいただいたのですが、酔っぱらって、名前はすっかり忘れました!
美味しかった、という記憶だけ…。

オーナーの吾妻シェフは、帝国ホテルのフレンチや『シェ・イノ』で修行を積み、その後フランスのビストロで働いた経験の持ち主。いつもビストロの持つ、気軽で暖かく、安心できる店を理想とされているのだと思います。
「居酒屋のように自由に好きな料理を楽しんでください」とのことで、夜も1時まで営業。

次回はやはり、前菜+ワインの呑みコースで行ってみよう!

1


【お店データ】
フレンチーズ (FRENCHIES 旧店名:プチ ニース)
<お問い合わせ・ご予約>
03-5643-3733
<住所>
東京都中央区日本橋人形町1-9-2 冨士ビル 1F

(地下鉄日比谷線 人形町駅 A2番出口 徒歩1分
地下鉄半蔵門線水天宮前駅  8番出口 徒歩2分
地下鉄都営浅草線人形町駅 A3番出口 徒歩3分)

<営業時間>
[月~金] 17:30~25:00(L.O.24:00)
[土・祝日]17:30~24:00(L.O.23:00)
ディナーのみ営業
夜10時以降入店可、夜12時以降入店可

<定休日>
日曜日
●『フレンチーズ』の食べログのページはこちら


フレンチーズさんで使っていただいているのはコチラのオリーブオイルです。

mosto_btl_l.jpg

タジャスカオリーブのオイル MOSTO(モスト)のページはこちら


category: レストラン

tb: 0   cm: 0

△top

ベジフルカフェ 『Vivo(ヴィーヴォ)』 

 

私の自宅のごく近場のカフェ情報。

神戸西区の西神南駅のすぐ横に、スポーツクラブがオープンしました。
『神戸 西神南スポーツクラブ Vivo (ヴィーボ)』といいます。
隣の駅のホテルに入っているスポーツクラブと同じクラブのようです。

ここに入会したわけではないのですが、1階のカフェだけ利用させてもらっています。

3


野菜ソムリエプロデュース、ベジフルカフェ 『Vivo(ヴィーヴォ)』です。
ベジフルはVegetable & Fruitsの略。

野菜をふんだんに使った、ベジサンドやカレー、ロコモコなどもあるのですが、ランチにはスープ、サラダと、ドリンクがついています。

2

1


ドリンクはコーヒー、紅茶の他に、「本日のグリーンスムージー」が選べるのがいいんです。
今日は「ビューティーグリーンスムージー」

カフェタイムは、「Raw Sweets」というケーキやクレープ、生ジュースや酵素ドリンクなんかもあるようです。
あら、生ビールもある! 
トワイライトタイムの休憩にいいですね~。

カフェの少ないこの街に貴重な存在。
運動していないけれど、カフェにはおおいにお世話になりそう。

カウンター横に、ココナッツオイルを発見。
めずらしいですね。
体脂肪を燃焼し、エネルギー代謝を活発にするココナッツオイル。なるほど、スポーツジムにピッタリですね。
実はココナッツオイルは、トラノイでも扱ってみたいと思っている、候補のひとつです。
「今度買って使ってみよう」なんて思いながら、アスリートな感じの人たちにまじってランチのひと時を過ごしました。

【お店情報】
ベジタブル&フルーツカフェ『Vivo(ヴィーヴォ)』
神戸 西神南スポーツクラブ Vivo (ヴィーボ)
住所:神戸市西区井吹台東町1丁目1-6
TEL:078-990-2550
営業時間:月~金 9:30~22:00 土10:00~21:00
     日・祝 10:00~20:00
定休日:毎月末日、年末年始、別途休日
●VivoのHPはこちらです

category: レストラン

tb: 0   cm: 0

△top

博多ラーメン『一風堂』西宮北口店 

 

博多ラーメンの『一風堂』さんに行きました。
西宮北口店。

お腹がぺこぺこな状態で前を通りかかり、
駐車場も広かったので、迷わす入りました。
聞けば、全国チェーンの結構有名なお店とか。

お店の外にも行列ができていましたが、
ちゃんとベンチもあるし、回転も早そうでよかった。

外で並びながらメニューチェック。

『白丸元味』
博多ラーメンの源流・一風堂原点の味
豚骨スープに細めんのシンプルな一杯。

2


『赤丸新味』
白丸をベースに時代とともに変化した味
特製の香油と辛みそを溶かして、スープの味の変化を
を楽しめる一杯。

1
あ、写真撮る前にチャーシュー食べてしまった!?

この2つ人気メニューとみて注文しました。

どちらも美味しかったですね。
豚骨ラーメンは臭いがきついイメージがあるのですが、
お上品な香りと味でした。

白丸はあっさり、赤丸はもう少しコクがありますが、
どちらも食べた後に胃に負担がかからない
感じがしました。

あと、店内が綺麗で清潔感がありました。
壁に埋め込まれた炭が面白かった。
空気をきれいにしたり、脱臭効果があるからなのか
どうかはわかりませんが、
見た目にもお洒落でしたよ。

4
壁に埋め込まれた炭。デザイン?脱臭も兼ねてる?

店員さんもてきぱきして感じがいいし、
全体に好印象でした。

お腹が空いていたので、多少点数甘くなったかな?


 <一風堂 お店情報>

 住所:〒662-0831 兵庫県西宮市丸橋町4-60-1
 TEL:0798-66-3131
 営業時間:11:00〜翌1:00
 席数:38席
 パーキング:32台

 西宮北口店のWEBサイトはコチラ

ごちそうさまでした~


category: レストラン

tb: 0   cm: 0

△top

三木市の画廊カフェ『とらうべん』 

 

亜麻の織物を作っている、ASABAN Factoryさんに
紹介してもらいました。

三木市の画廊カフェ『とらうべん』さん。
ASABANさんで作った亜麻の実(種)を練り込んで焼いた
『お焼き』を食べられます。

6_20130521151223.jpg
亜麻の実入りお焼き。右がかぼちゃ、左は小豆あん

三木市の住宅街の中にある建築事務所、
ダハイムさんがやっているお店。

2階建のログハウスに、草花が咲き乱れる庭があり、
ログハウスの中や、庭に無造作に置かれた
好みの椅子とテーブルで、お茶ができるお店です。

1_20130521151301.jpg
中庭の椅子とテーブルで、好きなだけくつろげる


1階の部屋は画廊スペース。
カフェはセルフサービスです。

3_20130521151213.jpg
ログハウスの中はこんな感じ。天窓に水が流れています

7_20130521151304.jpg

「おすきなところへ、おすきな時間だけどうぞ」
と書いてあります。
なるほど、おしゃべりに花を咲かせるのに
すばらしいスペースなんですね。

お焼きと飲み物のセット(650円)を注文。
お焼きの生地には、ASABANさんの亜麻の実が練り込まれ、
中身は、カボチャ、ひじき煮、卯の花、
キンピラ、小豆あんなど。

5_20130521151219.jpg

優しい味で美味しい!

亜麻の実が入っているので、
普通のパンより、もっちりした感じです。
私はカボチャ入りと小豆あんを
食べましたが、他も試したくて、
お土産用の冷凍のものも買いました。

お近くのかた、ぜひ行って見てください。
駐車スペースもありますので、お車でOKです。

4_20130521151216.jpg


<お店情報>
 店名:とらうべん
 住所:673-0501 兵庫県三木市志染町吉田1241-1741
 TEL:0794-85-4835
 FAX:0794-85-4849
 営業時間:8:30~17 : 30  休日 日曜 祝日
 
 ●お店のウェブサイトはコチラ

 ●ASABAN Factoryさんのことを書いたページはコチラ

ごちそうさまでした~
また、来ますね。


category: レストラン

tb: 0   cm: 0

△top

京都の町家カフェ 綾綺殿(りょうきでん) 

 

京都の「二条駅」より徒歩15分。
上京区浄福寺通にある、町家カフェ
『綾綺殿(りょうきでん)』 さんに行きました。

8_20130519224010.jpg

このお店は、ここから徒歩1分の距離にある、
油専門の老舗、山中油店さんの直営店
山中油店さんの油を使った料理が食べられる、
カフェレストランにしたお店です。

山中油店と同じく、ここも、
平安時代は天皇の居所であった内裏にあたります。
その中でも、ここは、舞いや宴が行なわれていた
「綾綺殿」という殿舎で、その名前をそのまま
カフェの名前に生かしたのだそうです。

3_20130519224002.jpg

4_20130519224005.jpg

建物は、築100年という、もとお米屋さんの
古い町家をそのまま生かして改装しています。

改修には、化学物質を一切使わず、
山中さんで扱われている、
紅殻(べんがら)・荏(え)油・柿渋を、
塗料に使っているそうで、
土と木という天然素材だけでできた空間だから、でしょうか、
とてもくつろげるお店です。


それに、町家カフェというと『おばんさい』が
でてきそうなのに、唐揚げや海老フライ、とんかつ…と、
揚げものがたくさん!!若い人、男性にも人気です。

さすがにいい油を使って揚げているので、
からりと揚げてあって美味しいし、胃もたれもしません。

定食はどれもご飯とお味噌汁がついています。

9_20130519224014.jpg
●とんかつ定食 980円
 四万十豚のロースカツにオレンジ風味のソースが爽やか。


10_20130519224132.jpg
●エビ&唐揚げ定食 1,080円
 鶏唐揚げと海老フライのボリューム定食。


11_20130519224136.jpg
●玉締め胡麻油が香る豚丼(味噌汁・惣菜付) 750円
 “玉締め胡麻油”が香ばしい!



<お店情報>

【店名】ショップ&カフェ 綾綺殿
【住所】京都市上京区浄福寺通下立売上ル
【営業時間】
 平日:10:00~20:30
 (L.O.20:00/14:00~17:00は喫茶のみ)
 土・日・祝日:10:00~18:00
 (L.O.17:30/土・日・祝日は終日お食事可)
【定休日】水曜日
【TEL・FAX】075-801-3125 e-mail/info@ryokiden.com
【ウェブサイトはこちらをクリック】


●山中油店さんのことを書いたページはコチラ

美味しかった~   
ご馳走様でした!


category: レストラン

tb: 0   cm: 0

△top

アールティーと神戸スパイス 

 

今日は「アールティー」というインド料理屋さんで、
お友達5人でランチしました。
アールティー新長田店。
新長田の駅からすぐなので、便利ですが、
知らないとなかなか発見しにくい、ビルの2階です。

高級感のある店構えで、お料理も美味しかった。
ゆったりした店内で、リラックス。
みんなで楽しくおしゃべりに花を咲かせました。

3_20130512230523.jpg

レディースランチは4種のカレーから選べて、
ナンとライス、サラダがついて800円。
飲み物を付けて900円。なかなかリーズナブルです。
私は大好きなサグチキンをいただきました。

「アールティー」さんは、三宮花時計店や
北野ハンター坂、それに東京の秋葉原にも
お店があるようですが神戸が本店。
オーナーのアルン・バシンさんは在日30年の
インド人の方のようで、「アールティー」の
横に店舗のある、スパイスやハーブのお店、
「KOBE SPICE(神戸スパイス)」
も彼のお店だそうです。

食事後、その、KOBE SPICEさんへ。

6_20130512230555.jpg

KOBE SPICEは、楽天やamazonで
ネット販売をしているお店ですが、
実店舗は、ここ神戸の新長田だけです。

4_20130512230532.jpg

それほど大きくない店舗ですが、
たくさんのスパイスやハーブやお茶などがぎっしり。

あまり詳しくない私には、目に新しく
見ているだけでも楽しい~。
お店の方も、親切にいろいろ教えてくれるので、
スパイス初心者でも買いやすいんじゃないかしら?

7_20130512230559.jpg
お店のおねえさんがいろいろアドバイス
してくれるので買いやすい


スーパーで買う小ビン入りのスパイスに
比べて随分安いので、
この日はカレーに使う、ターメリックと
ココナツパウダー、それから
チャナダール(豆)を購入。

8_20130512233322.jpg

神戸にはインドの方がとても多く、
お店もたくさんありますね。
以前、ハーバーランドで大きなインドのお祭りが
開かれていましたが、なんだか私も最近、
インドのスパイスや豆などに興味がでてきました。
体にもいいし。美味しいし。

9_20130512233329.jpg
チャナダールをターメリックをリゾット風に煮て、ヘンプオイルをたらしてみました
(サフランを入れるリゾット・ミラネーゼに似ている!)


チャナダールを煮てみました。

ちいさなひき割り豆で、しかも皮なしなので、
一晩水につけたりしなくても、すぐに煮ます。

ターメリック をほんの少し入れて煮るといい、と
きいたので、やってみたら本当に美味しくなりました。
ちょっとお水が多すぎたけど、リゾットみたいで
なかなかいけます

チャナダールのターメリック煮はよく
インドでも朝食などに食べられているそうです。
私はこれに、ヘンプオイルを少したらして食べてみました。

ウマイ!!
病みつきになりそう!

ヘンプオイルはこちら

s_btl_hemp250.jpg
ヘンプオイルのページへ


【お店情報】

<アールティー新長田店>
TEL:078-855-8168
住所:兵庫県神戸市長田区若松町5-2-1
   アスタプラザファースト2F 213
   (JR新長田駅から徒歩2分、
    地下鉄海岸線新長田駅地上へ出てすぐ)
営業時間:
[月~金]11:00~21:00(L.O)
[土・日・祝]11:00~21:00(L.O)

<KOBE SPICE>
住所:兵庫県神戸市長田区若松町5-2-1
   アスタプラザファースト2F
営業時間:11:00~18:00(不定休)


アールティーさん、また来ますね!
ごちそうさまでした


category: レストラン

tb: 0   cm: 3

△top

和歌山・岩出市のイタリアン 『ヴィラ・アイーダ(villa AiDA)』 

 

和歌山県岩出市にあるイタリアンレストラン、
『ヴィラ・アイーダ(villa AiDA)』さんは、
西日本に引っ越してから、ながいこと、
「是非一度行ってみたい」と思っていたレストランです。

とても不便なロケーション(笑)ですが、
「わざわざ訪れる価値あるレストラン」が
シェフの願いだったという、そのコトバどおり、
本当に「行って良かった」と思えるお店でした。

DSC_8598 - コピー3
ランチコースの魚料理(菜園と近海の魚):サワラとビエトラ(日本語名は“フダンソウ”)、サラダバーネットとレモンコンフィ。ビエトラの葉(右上)と茎(サワラの上に載っているセロリのようなの)を別々に使われています

20130504_153052.jpg
ヴィラ・アイーダ外観。イタリアの片田舎にある名店といった趣。庭にはシェフとマダムが育てるハーブが咲き乱れています。2階は宿泊できる客室。向かって右には店で作るジャムなどが購入できるショップ

『ヴィラ・アイーダ』は
和歌山のイタリアンではありますが、
関西はもちろん、関東他、全国的にその名前は広く聞こえ、
遠方からはるばる来られるお客さんも多いようです。

因みに「食べログ」のランキングを見てみたら、
本日の『全国のイタリアンのランキング』では、
第5位でポイントは4.36。
料理のポイントだけでいうと、第3位でした。すごい!!

最も、完全に職人肌な「孤高の人」という印象のシェフは、
そんなランキングを気になさったりしないでしょうが、
ミーハーな私としては、
「でしょ~でしょ~!! やっぱりね~。
この美味しさは突出してるものね~。」と大騒ぎです。

でも何より、私にとってポイントが高いのは、
お店のコンセプトにもなっているのですが、
「自分たちで作った安心・安全な野菜」
を使われていること。
すばらしいと思います。

オーナーシェフの小林寛司(かんじ)氏は、
大阪「アルバ」での2年勤務ののち、
イタリア、ソレントの三ツ星レストラン(当時)、
「ドン・アルフォンソ」でのパスタ部門シェフの1年間を含み、
トータル4年間、イタリアで修行されました。

そして帰国後の1998年、
地元和歌山の豊富な食材を使い理想的なイタリア料理店を
作りたい、と、一軒家のレストラン「アイーダ」をオープン。
2007年には店内に宿泊施設を作って、オーベルジュとし、
店の名前も「ヴィラ・アイーダ」としました。

開業以来、「地方イタリアン」の旗手
されてきた小林シェフですが、
「単に地元の食材を使うだけではダメ」と
おっしゃいます。

関西の料理人の信頼を集める有名な農家、宮楠農園さんの
野菜や、ご実家のご両親が作る野菜。
理想的な野菜を、野菜作りのプロの方達と協力して作る。
そこからもう、すでに、小林シェフの料理ははじまっている。
そうして試行錯誤しながら、料理も進化し続ける。

小林シェフの考える「発信力」とは、そうした
地元の生産者や中間業者との交流から、お互いの仕事を知り、
可能性を広げ、都会では絶対に真似できないことを
やっていく、ということです。
そのために、あえて時々東京に出掛け、
都会のイタリアンの方向も確認されてのだそうです。

そういうことを実践するのには、
山も海もある和歌山は、野菜、果樹、肉、魚
全てそろった、理想的な土地ということだと思います。
ヴィラ・アイーダの周りには自家畑があり、
シェフご自身も、奥様と一緒にハーブ類や野菜類を育てています。

DSC_8616.jpg
お店の横にはハーブの咲き乱れるガーデン


さて、そのお料理を紹介しましょう。
私達はランチのコース(4,200円)をいただきました。

噂どおり、ハーブや野菜が素晴らしく美味しかったです。
野菜自体の美味しさはもちろんのこと、
野菜の味が肉や魚などの他の素材の味を
引き出している、と感じるほど、
野菜の存在が印象的に感じられました。

DSC_8589.jpg
アミューズは片口イワシのタルティーヌと新玉ねぎのクリームサンド

DSC_8592.jpg
朝どりソラマメとフェンネルのスープ、ストリドーロ添え

DSC_8595.jpg
黒インゲンと太刀魚、ポワロー、ニンジン、サリエットが入ったガルビュール

DSC_8596.jpg
うすい豆とナスタチウム、パルミジャーノのリゾット


それから、一番上の写真のサワラが出ました。


DSC_8600.jpg
大地と菜園:白金豚と白玉ねぎ、新ニンニクのソテー。桜色に火がとおった絶品白金豚。

使われている食材の一つ一つの個性が大事にされていて、
それでいて、複数の食材がまとまって一皿となった時の、
完成度が素晴らしく、本当に感動すら覚えました。

料理の味付けは、案外濃いめ。
素人的な感想ではありますが、濃いめの味付けなのに、
ここまで素材の味をしっかり残されているところが
さすがだな、と感心しました。
食材を知りつくされているのだな、と思います。

DSC_8604-2.jpg
デザート1:モワルーショコラとマスカルポーネのジェラート

DSC_8602.jpg
デザート2:苺のガボット 氷苺とアングレーズ。うちのグルメ息子を(冗談です)こんなウマイものは食べたことがないと言わしめたドルチェ!


シェフはほぼお一人で料理を作られるので、
ホールには出てこられません。
ホールを担当されているのは、店のマダム、
シェフの奥さまです。

マダムご自身も、もともと大阪市内で
フレンチのシェフをされていたというのですから、
鉄壁なカップルですね。

お料理の素材や料理方法、ワインなどのことを
お聞きすると、快くいろいろ教えてくださる、
とても素敵な、美人マダムです。

こちらのお店はワインもものすごく豊富。
お店をオーベルジュにされたのも、
「心ゆくまで、ワインを堪能してほしいから」
という気持ちがあったようです。

私も宿泊してワインを堪能してみたかった!!!

ただ、この日はここから車で1時間ほどの
高野山に宿泊予定。
車で移動のために、1滴も飲めない夫に
申し訳なく、私もグラスで白と赤を
一杯ずついただいただけです。

この日のランチのグラスワインは、白が
イタリア・ラツィオ産のCoenobium(コエノビウム)。
ラテン語で「修道院」という名前のワイン。
いかにもイタリアワインという感じの、
滋味豊かな個性的なワインです。
でも、料理と一緒にいただくと、不思議と
ワインが一歩下がって、控えめになって、
料理を引き立てる、そんな印象でした。

wine.jpg

赤は、ロンバルディアを代表する赤ワインの産地、
ヴァルテッリーナのARPEPE(アール・ぺ・ぺ)。
ものすごい断崖絶壁にある、めずらしいブドウ畑で
摂れるネビオーロ種のワインだそうです。
ブラックチェリーみたいな香りの、
ランチにふさわしい軟らかい感じのワインでした。

食事が済んでから、別室に案内していただき、
そこでシェフにお話を伺うことができました。

DSC_8606.jpg

この別室は宿泊客が朝食をとるお部屋。
ダイニングテーブルとかわいらしいソファがあり、
ハーブが咲き乱れるお庭が見えます。

朝食は元フレンチのシェフである、マダムが
作ってくれるんですって。
居心地のいいヴィラで地元の旬な素材のお料理と、
選び抜かれたシェフの自慢のワインを堪能する、
贅沢なひととき。

わざわざ、遠方から見える宿泊客が多いというの、
うなずけます。

何故、イタリアンのカリスマ的存在のシェフに、
別室で個人的にお話しを伺うことができたのか?

それは、何と!!
お聞きください。

当店直輸入のオリーブオイル、
アヴァンツィのDOPガルダ・ブレッシャーノ
を、こちらで使っていただくことになったんです!!
もう、自慢で自慢で仕方がない!

コレがそのオリーブオイルです。↓

btl_avanzi.jpg
アヴァンツィ
エクストラバージンオリーブオイル
DOPガルダ・ブレッシャーノ のページ



「どんなお料理に使われていますか?」と
お聞きしましたら、

「豆や赤みの肉に良く合います。ガルダ湖のオイルで
ありながら、トスカーナのような力強さがある。」

とのことでした。

AVANZIの生産者、ニコラさんも
「ローストビーフにとても合うよ。」と
おすすめしてくれていたのを思い出しました。

また、ぜひ行きたい。
遠くても絶対行きたいイタリアンレストランです。

【お店詳細情報】

店名:ヴィラ・アイーダ (Villa AiDA【旧店名】Ristorante AIDA)
ジャンル:イタリアン、オーベルジュ
TEL:予約 0736-63-2227(是非予約されたほうがいいと思います)
住所:和歌山県岩出市川尻71-5
   岩出駅からタクシー(1000円弱)。車の方が便利です。
   遠方からの方には、関空からが案外近く、車で1時間くらい
   だと思います。
営業時間:11:30~14:00、18:00~21:00
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
お店のHP
食べログのページ


ご馳走様でした。
そして、時間を割いてお話してくださって
ありがとうございました。

category: レストラン

tb: 0   cm: 1

△top

あげは 三宮店 

 

12_20130503114558.jpg

三宮で、ひとりでお茶しながら、
本でも読みたいな~、という時に行く店。
お気軽健康カフェ『あげは』

生田新道からトアロードを5分くらい
山側にいったところ。

間口は狭いけれど、店内は奥に長くて案外広い。
奥の部屋は、窓が広くて明るく、
何となく学校の教室みたい。

有機栽培のコーヒーを飲んで、
野菜入りのデザートなど食べながら、
気に入った本を読む至福の時。

今回はひとりではなくて、大勢でごはん食べたので、
みんなのデザートの写真をアップします。

3
ニンジンとオレンジのタルト

4
豆乳のプリン

5
トウモロコシのロールケーキ

2
レンコン入りのタルト

ちなみに食事は、野菜や、魚や、鶏肉のせいろ蒸しとか、
野菜と納豆のカレーとか、お焦げの野菜あんかけなどの
“ゆるいヘルシー志向料理”で梅酒かお酢のドリンク、
サラダ、みそ汁付。

11_20130503115130.jpg

お米は玄米は十穀米から選びます。
そんな感じで1200円~1700円くらい。
(アバウトですみません)
プラス650円でドリンクとデザートがつきます。

女子には人気あり。
量は十分なので、男子も大丈夫。

神戸のお店かと思っていたら、
埼玉にもあるみたい。
もともとどこのお店かは調べていません。

【お店情報】
店名:あげは 三宮店
住所:兵庫県神戸市中央区中山手通2-4-8
(JR、阪神元町駅より徒歩10分)
TEL: 078-321-2780
営業時間:ランチ11:00~16:00 ディナー17:00~21:00
     ドリンク・デザート/ 11:00~21:00

食べログのページ

ごちそうさまでした~


category: レストラン

tb: 0   cm: 0

△top

武庫之荘のイタリアン 『カサレッチョ(CASARECCIO)』でパーティ! 

 

料理大
(copyright@CASARECCIO)

イタリア語のレッスンを受けています。
(さっぱりうまくならないのですが…)

教えてくれているニコラ先生が、私たち生徒を、
イタリアンレストランに誘ってくれました。

阪急、武庫之荘駅から歩いて3分くらいの
『カサレッチョ(CASARECCIO)』
というお店。

CASARECCIOとは、イタリア語で「家庭の」という意味。

まったく、その通りのお店でした。
イタリアの街角のトラットリアみたいな
家庭的な雰囲気です。

満面の笑みで迎えてくれるオーナーシェフの
ファブリツィオさんは、
「もともとはローマっ子、今は尼っ子(尼崎ッ子)」だそう。

casareccio1.jpg
(copyright@CASARECCIO)

関西弁で冗談連発。
関西弁が似合ってる!
というか、関西弁しゃべっているのか、
イタリア語しゃべっているのかわからない時がある(笑)!
というくらい、自然なイタリア訛り関西弁

お店は1階はカウンター席と2人かけの小さいテーブルのみ。
2階に上がると、6~10人くらいのグループ席が
3つくらいとれるスペース。
誰かの自宅に遊びに来たようにくつろいだ雰囲気で、
いい感じです。

3_20130421161959.jpg1 - コピー
(右写真の一番左がニコラ先生。その隣がオーナーのファブリツィオさんで
そのまた隣がワタクシ。皆さんに掲載許可をいただいて掲載しています)


美味しい料理をいただきながら、
楽しい時間を過ごすことができました。

前菜にはモッツァレラチーズや生ハム、
その他いろいろな盛り合わせのアンティパスト・ミスト。

自家製ピッツァは、お持ち帰りもできるそう。
近所の人が羨ましい~。

パスタは、全体にしっかりした味付け。
私好み。美味しかった。
とくにウニのパスタは絶品でした。

そして、ドルチェの盛り合わせは、
栗のクリームのクレープやパンナコッタなど、
イタリアの伝統的なドルチェの盛り合わせ。

casareccio2.jpg
(copyright@CASARECCIO)

次々運ばれてくる料理。
初めてのお店で、量的な把握ができておらず、
最後はお腹が一杯で
残念ながら、味見程度の量しか
入らなかったものも…

それで、気がつくと料理の写真は撮り忘れてる…。
で、ファブリッツィオさんに電話したら、
「HPの写真使っていいですよ。」と
お許しをいただきましたので、掲載させていただきました。

料理2料理1
(copyright@CASARECCIO)

ニコラ先生がこのお店を選ぶのが
わかるような気がします。
イタリアに居るような気持ちになれるんじゃないかな、と。

こういうお店、いいな。大好き。
また来たいけど、私の自宅からは電車で約1時間。
こっち方面に来た時には、また必ず食べに来ますね!

【お店データ】
<住所>
兵庫県尼崎市南武庫之荘1-22-23
(⇒阪急電鉄 武庫之荘駅より徒歩3分)
<電話>
06-6432-3232 (予約はこちら)
<HPはこちら>
CASARECCIOのHP
<営業時間>
午前 11:30-14:00
午後 18:00-22:00
<定休日>火曜日



category: レストラン

tb: 0   cm: 0

△top

三宮の串揚げ屋さん、『串はん』 

 

3

三宮駅西口から徒歩5分の串揚げ屋さん
『串はん』さんに行って来ました。

衣が私好み。薄くてサクサクです。

五島列島の椿油で揚げているそうで、
これは、油を気にしている私には嬉しい!

サクサクの食感とは関係ないかもしれませんが、
椿油の脂肪酸は主にオレイン酸
リノール酸を摂り過ぎている現代人には
うれしい油です。

15串コースをいただきました。

とにかく1本1本凝っていて楽しかった。

6

4

サーモンにはイクラ、
いかにはウニがのっている。
筍には木の芽、
ポテトにはフォアグラ、
牛肉にはこがしたニンニク、
貝柱にはキャビア。
エビはほんの少しだけ殻を残してあって、
その裏にミソがある。

…とそんな具合。

苦手なものは別の素材にかえていただけます。

5

お皿には、ポン酢、ゴマドレッシング、
特性ソースとフランスのゲランの塩。

特性ソースがとても美味しい。

関東から引っ越してきたわたしには、
関西のソースというと
「美味しいけど、ちょっと甘すぎ」な感想が多いのですが、
ここのはそんなに甘くなくて調度いいお味。

かなり満足。
店内は、カウンターに8人、テーブル席が2つだけ。
他のお客さんは、たまたまかもしれませんが、
常連さんばかりのようでした。
でもその方達とも、お話できて、
なんだか自分も常連さんの仲間入りをしたような
そんなくつろいだ雰囲気のお店でした。

先日、東灘にイノシシとウリボウの親子がでて、
人と一緒に横断歩道を渡っていた、なんて
楽しいお話で盛り上がりました。

コースの料金は、
10串コース 2600円
15串コース 3600円
20串コース 4500円


15串食べたら、ご飯は食べられないほど
おなか一杯です。

でも、デザートのバナナの串揚げは
何故かペロリと入りましたが。

【お店基本情報】
店名:串はん (くしはん)
住所:兵庫県神戸市中央区下山手通2-1-4 KWビル西館 1F
(阪急三宮駅西口 徒歩5分)
電話番号:078-391-1294(予約可)
営業時間:17:30~23:00(L.O.22:30)
定休日:月曜日


食べログのページ


category: レストラン

tb: 0   cm: 0

△top

吹田市山田のイタリアン、 トラットリア・サルーテでランチ 

 

6_20130322014050.jpg

吹田市山田にあるイタリアン、
トラットリア・サルーテでランチしました。

阪急千里線山田駅より徒歩3分ですが、
マンションの立ち並ぶ住宅街の中にあるので、
静かでおちついたレストランでした。

窓が大きく、道を行き交う人や
道路わきの木々の緑を眺めながら
ゆったりとした時間が過ごせるお店です。

5_20130322014020.jpg

私の家からは遠いのですが、
近くにあったら通いたいお店ですね。

料理はドルチェ付のパスタランチ。
アスパラと鮭のタリアテッレをいただきました。

2_20130322014014.jpg

前菜盛り合わせ:ネギのマリネ、キノコのカポナータ、
鴨と金柑とチーズ、ブロッコリーのペペロンチーニに明石蛸

1_20130322014011.jpg

ローズマリー入りのフォカッチャが美味しい!

そしてこのディップ皿付のお皿!!
ほしい~~~。
パンにオリーブオイルを付けるウチには必需品ですよ。いいな。

TRANOIで買えます。
オリーブオイル用パン皿


3_20130322014015.jpg

タリアテッレもつるつるとした食感がいい感じ。

4_20130322014017.jpg

ドルチェもランチなのに充実。
特にバルサミコを絡めて上にマスカルポーネを
のせたイチゴが美味でした。

なんとなく、まわりみんな予約のお客さんのようでした。
地元で愛されているイタリアンなんですね。

くつろぎのひと時をありがとうございました 


【お店データ】
トラットリア・サルーテ
〒565-0824
吹田市山田西4丁目2-18号 サンノーブル山本105
TEL:06-6878-3078
<営業時間>
AM11:30-PM2:30
PM6:00-PM11:00
<定休日>
水曜日


category: レストラン

tb: 0   cm: 2

△top

東京阿佐ヶ谷にオープン。イタリアンレストラン『MU(ミュー)』 

 

4

東京阿佐ヶ谷の駅近くにオープンしたばかりの
イタリアンレストラン、『MU(ミュー)』
に行って来ました。

実はここ、妹の知り合いのお店なんですが、
贔屓目でなく、とっても美味しいと思いました~
おススメです。

まず食材自体がいいし、
食材の組み合わせ方にもシェフのオリジナリティを感じ、
料理が出てくるたびに小さな驚きがあって飽きさせないんです。
だからでしょうか、不思議にどの料理も印象に残りました。

1
前菜盛り合わせ。北海道のミミイカがぷりぷり。ただのニンジンもこんなに美味しくなるんだ

2
チーズ入りオムレツ。ふわふわのオムレツの下から私の大好きな菜の花とアスパラが。LOVE!

3
ドライトマトのパスタ。シンプルだけどゆで加減とソースの絡みがただものではない!

4
ほのかにロースマリーの香りがするこのラザニアは絶品です

5
キツネメバルなど魚介のソテー、オリーブ風味。貝の旨みが程良く全体に絡んでる

6
ポークソテー、キノコのソース。バターの風味が素晴らしい

お店は住宅地にふさわしいおしゃれな一軒家です。
小路を入った突き当りなので、少し入りにくい感じがありましたが、
店内に入ると、ひろびろとしてとても居心地のいい空間です。

9

ホール担当の気さくで楽しいUさんは、
なんとフランスで勉強してきたパティシエでもあります。
食事の最後にはキッチンに入り、
とても素敵なデザートを作ってくれましたよ。

7
焼きりんご入りのドルチェ盛り合わせ。シアワセの別腹~~~

ごちそうさまでした

イタリアンのシェフとフレンチのパティシエのお店、
面白いですね。
だから「リストランテ」と言わず「レストラン」なんですって。

料理もお店の雰囲気もすばらしいのに、
値段がリーズナブルなところも満足度アップです。
私の東京での行動半径からすると、阿佐ヶ谷は少し外れますが、
少し足を延ばしてもまた行こうと思わせるお店です。

8

まだオープンしたてで宣伝もしていなかったことと、
妹が知り合いということで、待たずにすんなり入れましたが、
そのうち「行列ができるお店」になりそうな予感。
近所にあったらしょっちゅう行きたくなるような
お店ですもん。

ランチもやっているそうで、
ランチは、パスタランチ、グラタンランチ、
アンティパストランチがそれぞれ1000円でサラダかスープにパン付き。
ミューランチはメイン料理にスープとパンで1500円です。

『アンティパストランチ』が美味しそう!
今度ぜひ食べてみたいです。

【お店データ】
レストラン ミュー (Restaurant MU)
03-3317-7278
東京都杉並区阿佐谷南1-47-7 (阿佐ケ谷駅から210m)
<営業時間>
11:30~14:00(L.O) 18:00~22:00(L.O)
ランチ営業、日曜営業


 追加情報
ミューさんで当店のオリーブオイルを使っていただくことになりました。
シェフに「使いやすくてとても美味しい」とお墨付きをいただきました!!
ありがとうございます。
使っていただくことになったのはコチラのオリーブオイルです。

mosto_btl_l.jpg

タジャスカオリーブのオイル MOSTO(モスト)のページはこちら


category: レストラン

tb: 0   cm: 0

△top

神戸・西区のイタリアン「Occhio del Tifone(オッキオ デル ティフォーネ)」 

 

10_20121203232918.jpg
前菜盛り合わせ

ウチの隣の駅、伊川谷駅から徒歩3分。
窯でピッツァを焼いているお店です。

覚えにくい名前ですよね。
日本語だと簡単「台風の目」なんですけどね。

窯にも台風の目のマークが!

11_20121203232919.jpg

夜に行った時は静かなお店だと思いましたが、
ランチでは、テーブルはほとんど埋まっていて、
女性客が多く、賑やかでした。

ランチは1500円ですが、すごく
コストパフォーマンスが良くてびっくりです。

 ランチのメニューは

 1.アミューズ
 2.前菜盛り合わせ
 3.パスタかピッツァ
 4.ドルチェ
 5.コーヒー(お菓子つき)


7_20121203232912.jpg
6_20121203233003.jpg
5_20121203232630.jpg
4_20121203232627.jpg

こちらのお店はやはり窯を持っているだけあって、
ピッツァが美味しいです。

3_20121203232625.jpg
2_20121203232622.jpg

それに、店内もカジュアルで居心地がいい。
それで、どのテーブルも上機嫌な奥さま達で
盛り上がっているんですね。

夜のメニューの「前菜盛り合わせ」は
ほんとに盛りだくさん。
お魚や野菜、地元でとれるものを
ふんだんに使っているところも気に行っています。

うちの駅にも欲しいな、こういうイタリアン。

 【お店情報】
 Occhio del Tifone(オッキオ デル ティフォーネ)
 住所:神戸市西区前開南町 1-7-6 グランシティKOBE 3
 TEL:078-975-5597
 営業時間:ランチ11:00~14:00、ディナー17:00~22:00
 定休日:木曜日
 食べログ:http://tabelog.com/hyogo/A2801/A280111/28031671/

8_20121203232913.jpg


category: レストラン

tb: 0   cm: 0

△top

神戸・岩屋のイタリアン「Bibbi」に行ってみました 

 

7.jpg
生ハムとペコリーノチーズのサラダ


なかなか良いイタリアンを見つけました。
リストランテ ビッビ(Bibbi)。

場所はHAT神戸の近くのBB Plazaの4F。
駐車場があるので車で行ったのですが、
あとで調べたら、電車でのアクセスは、
「岩屋」駅から127mだそうです。

日曜日の夜だからなのか、
全体に味も雰囲気もサービスもなかなかいいのに、
なぜか空いていて、ラッキー
3,800円~10,000円のコースがあり、
一番小さい、3,800円のコースでも十分な内容でした。

メニューは

1.アミューズ:
 ・紫いものポタージュ
2.アンティパスト:
 ・生ハムとペコリーノチーズのサラダ
 ・季節野菜のグリル
3.プリモピアット:
 ・小イカとルッコラのアーリオ・オーリオ
4.セコンドピアット:
 ・和牛ネックの赤ワイン煮込み
 ・ホロホロ鳥もも肉ソテー
5.ドルチェ:
 ・モンブラン
 ・ジェラート盛り合わせ


10_20121203131700.jpg
紫いものポタージュ

8_20121203131012.jpg
季節野菜のグリル

6_20121203131015.jpg
小イカとルッコラのアーリオ・オーリオ

12_20121203133414.jpg

和牛ネックの赤ワイン煮込み

5_20121203130941.jpg
ホロホロ鳥もも肉ソテー

2_20121203130935.jpg
ジェラート盛り合わせ

どれもなかなか美味しかったですよ。

ワインも美味しかったのに、名前も忘れてしまいました。
ダメなわたし。

運転があるのでワインを飲めない夫が
「ミネラルウォーターがウマイ」と
言っていました。

私は、オーダー時に食材の産地をつぎつぎ聞いたのですが、
シェフが出て来て快く答えてくれたことも良かったです。

 【お店情報】
 リストランテ ビッビ(Bibbi)
 住所:兵庫県神戸市灘区岩屋中町4-2-7 BB Plaza 4F
 TEL:078-881-2221
 交通手段:岩屋駅から127m
 営業時間:昼11:30~14:00(L.O.) 夜17:30~20:30(L.O.)
 定休日:月曜日(祝日は営業 翌日休ませて頂きます)
 食べログのページ:http://tabelog.com/hyogo/A2801/A280103/28003864/
 HP:http://www.bbplaza.com

11_20121203133027.jpg

なかなか満足のいくお店でした。
リピートするかも…なんて思いながら
レジに行くと、「パーティプラン4名から3000円」
というチラシがあって、思わず手にとりました(笑)

ごちそうさまでした~


category: レストラン

tb: 0   cm: 0

△top

玄米はお好き? 自然食レストラン「すぎな農園」でランチ 

 

ウチでは週に2回くらい玄米食にしています。
私は玄米の味とか歯ごたえとか
結構すきなんです。
健康に良い、悪いという以前に。

5
ランチカレー(900円)

でもやっぱり…
頻繁に食べるようになったきっかけは、
あの数年前の健康診断。

「再検査」
しかも「なるべく早く受けて下さい」
と脅かされ、生きた心地がしないままに
小さい玄米おにぎりとホウレンソウのお浸しだけで
2週間過ごした、あの悪夢の健康診断からですね。

「この玄米食べれば大丈夫、大丈夫…」
とおまじないのように、自分に言い聞かせていました。

だからやっぱり
「美味しい」と感じる理由の何%かは、
「健康にもいい」という潜在意識、なのかな。

結局再検査の結果は何ともなかったんですけどね。
それどころか、ダイエットではどうしても減らない
体重が7kgも減って結果オーライだったんですけどね。(笑)

家族は玄米を出せば、それを黙々と
食べるのですが、
敢えて「白米と玄米、どっちにする?」
ときけば、まちがいなく
「はくまーい!」と答えが返ってきます。

なので、一緒に玄米を楽しんでくれるお友達と
自然食レストランでランチしてきました。

神戸市板宿の商店街のはずれにある、
『すぎな農園』さん。

地元、神出(かんで)の農家が
有機栽培で作った野菜が中心のメニュー。
私はカレーを、お友達は車麩のカツランチを
いただきました。

1
車麩のカツランチ(900円)

美味しかった。  
野菜だけのカレーは甘くなりがちですが
ちょうどよい甘味と辛味。
インドカレーとはまた違った、優しいカレーです。

食後のコーヒーにはミルクの代わりに自家製豆乳。
私はブラックなので、入れませんが、
友人は美味しい、と言っていました。

店内も落ち着いた感じでゆったりと
お食事が楽しめます。
店内では自然食品の販売もしていて、
店先には有機栽培の野菜も置いています。

3

野菜のことや有機栽培のこと、
ご主人に聞くと、いろいろ教えてくれます。

いいお店。またきますね!!

4

【お店情報】すぎな農園HPはこちら:神戸市須磨区前池町2-6-6

ごちそうさまでした


category: レストラン

tb: 0   cm: 0

△top

神戸のピッツェリア『Azzurri(アズーリ)』 

 

神戸北野のピッツェリア、
『Azzurri(アズーリ)』
に行って来ました。

赤穂市の『さくらぐみ』
に行ってみたいと思っていたのですが、
いつもいっぱいで予約がとれません…

…と、ツイッターでつぶやいたら、
誰かが「神戸ならここも美味しいよ」
と教えてくれたのが、
Azzurriでした。

この2店の共通点は、
「真のナポリピッツァ協会」
から認定を受けているお店、
ということ。

「真のナポリピッツァ協会」って
何でしょう?

ASSOCIAZIONE VERACE
PIZZA NAPOLETANA

が正式名称。

古くから伝わる職人の伝統技術を
再評価し、守っていくこと、
後世に伝えること、を目的に
1984年のナポリの職人達が
自ら作った協会です。
詳しくは「ナポリピッツァ協会」HP
に書いてあります。

ナポリピッツァ協会HP

さくらぐみは日本での認定第1号店。
1997年の認定。
Azzuriは2009年の認定です。

こちらに国内の認定店の
リストがあるので、お近くのお店
チェックしてみてくださいね。

認定店リスト

で、肝心のお味は、というと…。

うん、
生地が美味しい!!
さすがです。塩分少し高めなので、
粉好きの私などは、
「具がなくてもイケル!」
という感じ。

13.jpg
生ハムとルッコラのピッツァ

お店は狭いのですが、
スタッフの方達も感じが良く、
ざっくりした家庭的な
盛り付けだけど、
前菜もどれもいいお味でした。

12.jpg
前菜盛り合わせ

あえて、ほんの少し
残念なところを言うと、
外側のパイ生地は香ばしくて、
すご~く美味しいのに、
具が集中している中心部にいくと
いまいちぱりっとしていないのです。

ピッツァの具の水分が少し多いのか、
具自体が多すぎるのか、わかりません。
もしかすると、ナポリピッツァが
本来そういうものなのかもしれません。
(だったらごめんなさい

14.jpg
サルシッチャのピッツァ

それでもやっぱりパリッと
しているのが好きだな~。

そうは言いつつ、十分満足でしたよ。
ごちそうさまでした~~~

これは、ますます
「さくらぐみ」も行かなくっちゃ、
と決意を新たにしました。

11.jpg
店舗入り口 右のVERA PIZZAという看板が認定店の目印

<Azzurri(アズーリ)HP>





category: レストラン

tb: 0   cm: 0

△top

神戸のフレンチ 「Le chaton(ル・シャトン)」でランチ 

 

局地的、レストラン情報(神戸)です。

ちょっと前にランチを食べにいったフレンチです。

垂水区舞子の「Le chaton(ル・シャトン)」
舞子の坂の途中にある、こじんまりしたレストラン。
住宅街の中で雰囲気もいい感じです。

紹介してくれたお友達は、
「私は美味しくていい店だと思うんだけど、食べログで
サービスが悪いというコメントが載ってた…」と。

グルメ系のサイトの評判をどう判断するか、は
なかなか難しいですよね。
「(評判が)ホントだ!」と思うこともあれば、
「(評判と)違う~」ということも多々あります。
自分で確かめるのが一番!

ということでLet's Go!!

ランチコースは2,680円と3,750円の2コース。
2,680円のコース内容は、

・魚介のサラダ
・野菜のポタージュ
・メイン(白身魚のポワレか鶏のグリルのバルサミコソース)
・デザート
・コーヒーか紅茶


120629_115858.jpg

120629_121902.jpg

120629_123846.jpg

120629_123948.jpg

メインは上のどちらか

120629_133145.jpg

120629_133156.jpg

120629_133211.jpg

コースのデザートとは思えない充実ぶり。あと2種類くらい選択肢があったような…。


どれも、野菜がたっぷりの盛り付けで美味しかったです。
特に嬉しいのは魚介のサラダのボリューム感と
これがメイン?と思うほど凝ったデザート達。
とても満足のいくランチでしたよ。

で、サービスは?というと、
ママ友4人で行ったので、話に花が咲いてしまい、
チェックするの、すっかり忘れていました~。

「おしゃべりがうるさくなかったかしら」と逆に恐縮です。

少なくても、苦情は言われませんでしたし、
出てくるときにはマダムにニッコリわらって
「またどうぞ」と言っていただきました。

今度はワインも試してみたいな、と思わせるお店です。
誰かお酒飲めない人、運転して連れて行ってくださ~い。

【お店情報】
 住所:兵庫県神戸市垂水区舞子台8-23-12
 電話番号:078-781-6270
 営業時間:11:30~14:00(L.O) 17:30~20:30(L.O)
 定休日:木曜日


ごちそうさまでした 





category: レストラン

tb: 0   cm: 2

△top

札幌でおすすめのイタリアン、SABOT(サボ) 

 

札幌に行くと、必ず訪れるお店(イタリアン)を紹介します。
地下鉄東西線の「円山公園駅」から3分くらいのところにある、
SABOT(サボ)というお店です。

「北海道の味覚を味わいたい。でも、定番のお寿司やジンギスカンでなく、
スープカレーでもなく、炉端焼きのようなものでもなく。」
という方におすすめです。

北海道産の素材を上手く生かし、
お洒落で美味しいイタリア料理を出してくれます。

今回は、3500円のコースを注文してみました。

メニューは
1.水ナスとモッツァレラチーズの前菜 *写真撮らずに食べちゃいました~ 
2.花ズッキーニのフリット(チーズとアンチョビが詰めてあります)
3.ボタンエビのタルタル
4-1.ポルチーニ茸のパスタ
4-2.ウニとホワイトアスパラのリゾット
5.北海道産三元豚のグリル
6.ドルチェ(ショコラケーキ、ティラミス、アフォガードなど)


DSCN0925.jpg

DSCN0926.jpg

DSCN0927.jpg

DSCN0928.jpg

DSCN0929.jpg

DSCN0933.jpg


実はSABOTの小池シェフは私の札幌時代の友人。
でも、友人だから贔屓目ということでなく、
料理はリーズナブルで美味しいし、
美人の奥さまの気配りが行き届いた給仕も素晴らしく、
お店の雰囲気もばっちり。

小池シェフも私も、もとグラフィックデザイナーだったのですが、
ン十年の時を経て、久しぶりに再会してみたら
彼は人気イタリア料理店のシェフ。私はイタリアの食材を売る人。
何だか不思議なご縁です。
店のドアのガラスに描かれた人の顔の線画イラスト、
一目で小池シェフの手によるものだとわかりました。

札幌近郊の方、あるいは出張で訪れる方向けの情報ですが、
札幌のイタリアンおすすめ店です。
人気店でいつもお客さんが一杯です。
行かれる方は事前にご予約することをお勧めします。

<お店情報>
SABOT(サボ)
電話番号:011-613-2425
住所:札幌市中央区南1条西25丁目2-1


category: レストラン

thread: こんな店に行ってきました - janre: グルメ

tb: 0   cm: 2

△top

関西関東県人会(?)@三宮 『おやさい 畑源(はたもと)』 

 

私は今年2月に東京から神戸市に引っ越しましたが、
今日は、同じように関東からきた人達が集まりランチ交流会をしました。

言ってみれば、「関西関東県人会」かな?

みなさん、食材に気を使っている方ばかりなので、
集まったレストランは神戸三ノ宮駅 西口 徒歩3分の、
有機野菜を堪能できる創作料理の店、『おやさい 畑源』さん。
とっても美味しかったので、ご報告します。

丹波篠山・淡路・神出町・岩岡町・但馬などの近郊からの
有機野菜は、もちろんとっても味が濃くて美味しい!

だけど、ベジタリアンの店というのではありません。
肉料理やお魚料理も食べられます。
今日は鶏のから揚げ甘酢あんかけをいただき、
子供たちにも大人気でした。

豆乳ドレッシングの野菜サラダや、
手の込んだ、彩り豊かなの野菜の盛り合わせ、
いかなごのせご飯にお味噌汁、
マンゴープリン(サービス)と有機コーヒーもついて、
1,580円は、とっても得した気分。

120617_121312.jpg

お店の雰囲気は予想外に落ち着いた感じ。
居心地のいい掘り炬燵形式で
とってもくつろぐことができ、おしゃべりにも花が咲きました。

sl_10_l.jpg
(店内写真はぐるなびのページからお借りしました)

おやさい畑源(はたもと)さんのぐるなびのページ

会が終わって通りに出ると、そこには
天然温泉やサウナが24時間利用できる「神戸サウナ&スパ」があります。
通りにはなんと、誰でもいつでも利用できる「足湯」が設置されています。

(このページの下のほうに案内が)
神戸サウナ&スパのページ

昭和29年創業の「神戸サウナ&スパ」は、
阪神淡路大震災で全壊しましたが、
地元のファンの熱烈な希望により再建を果たしたそうです。
この足湯は、震災復興10周年を記念し、
人と人とが語り合えるコミュニティの場として設置されたのだそうです。

おしゃべりの興奮さめやらないままの勢いで、
みんなそのまま、足湯にちゃぽん!
足湯につかって交流会パート2が始まるとはなるほど、
「語り合えるコミュニティの場」だけありますね(笑)!

気持ちいいですよ、足湯 
温度は高めででお湯もきれい。
お酒を飲んだ後なんかにつかるといい感じでしょうね~。

三宮でお食事などされた観光客の皆さま。おすすめですよ~






category: レストラン

thread: こんな店に行ってきました - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

△top

三宮の人気ピッツェリア R Valentino おススメ! 

 

R Valentino(アールヴァレンティーノ)は神戸三宮で人気のピッツェリア。

人気店なので、絶対予約してから行ってください。
実はワタクシ、予約なして行って大失敗。
開店と同時にすでに予約のお客さんでいっぱいでした~。

「少し遅めの予約のお客様が来るまでの1時間だけなら」
という条件付きで入れてもらいました。

雰囲気がとってもいいのは、オーナーのひとなっっこい人柄ゆえなのか、
イタリアの田舎町のレストランのようなくつろげる内装ゆえなのか。
お客さんがみなさん、とてもリラックスして談笑しながら
料理を楽しんでいるのが印象的でしたよ。

IMG_2018.jpg


何せ1時間で食べ終えないといけないということで、
前菜盛り合わせ、ピッツァ、パスタとレモンのジェラートをあわただしく注文。
オーナーの故郷カラブリアの家庭料理がベースらしいですが、
どれも味がしっかりしていて、美味しかったです。

IMG_2003.jpg

IMG_2012.jpg

IMG_2008.jpg

イタリアンやフレンチの美味しいお店はたくさんありますが、
印象に残る店と今一つ残らない店。満足度の高い店とそうでもない店。
その違いは何からくるのでしょうね。

私の場合は、
①お店の人が感じがいいかどうか。
②ワインが美味しいかどうか。

これが重要です。

お店の人が感じがいい、これは基本中の基本。
これがダメだとお料理が美味しくてもリピートする気になりません。

ワインに関しては、高いワインが美味しいのはあたりまえ。
リーズナブルなものが美味しいこと。
グラスワインも何種類かあって、美味しいこと。

昨日は時間がなかったのでグラスワインの2杯。
ピエモンテのピノ・シャルドネとアブルッツォのモンテプルチアーノは
どちらもグーでした。

ランチもとっても人気みたいです。
今度はランチも食べてみたいな。気持ちはすでにリピーターですね。

R Valentinoの食べログのページはこちら




category: レストラン

thread: こんな店に行ってきました - janre: グルメ

tb: 0   cm: 2

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。