<-- OGP -->;

おしゃべりランチ

きままなお昼休みトークbyレンズ豆のスープ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

神戸のピッツェリア『Azzurri(アズーリ)』 

 

神戸北野のピッツェリア、
『Azzurri(アズーリ)』
に行って来ました。

赤穂市の『さくらぐみ』
に行ってみたいと思っていたのですが、
いつもいっぱいで予約がとれません…

…と、ツイッターでつぶやいたら、
誰かが「神戸ならここも美味しいよ」
と教えてくれたのが、
Azzurriでした。

この2店の共通点は、
「真のナポリピッツァ協会」
から認定を受けているお店、
ということ。

「真のナポリピッツァ協会」って
何でしょう?

ASSOCIAZIONE VERACE
PIZZA NAPOLETANA

が正式名称。

古くから伝わる職人の伝統技術を
再評価し、守っていくこと、
後世に伝えること、を目的に
1984年のナポリの職人達が
自ら作った協会です。
詳しくは「ナポリピッツァ協会」HP
に書いてあります。

ナポリピッツァ協会HP

さくらぐみは日本での認定第1号店。
1997年の認定。
Azzuriは2009年の認定です。

こちらに国内の認定店の
リストがあるので、お近くのお店
チェックしてみてくださいね。

認定店リスト

で、肝心のお味は、というと…。

うん、
生地が美味しい!!
さすがです。塩分少し高めなので、
粉好きの私などは、
「具がなくてもイケル!」
という感じ。

13.jpg
生ハムとルッコラのピッツァ

お店は狭いのですが、
スタッフの方達も感じが良く、
ざっくりした家庭的な
盛り付けだけど、
前菜もどれもいいお味でした。

12.jpg
前菜盛り合わせ

あえて、ほんの少し
残念なところを言うと、
外側のパイ生地は香ばしくて、
すご~く美味しいのに、
具が集中している中心部にいくと
いまいちぱりっとしていないのです。

ピッツァの具の水分が少し多いのか、
具自体が多すぎるのか、わかりません。
もしかすると、ナポリピッツァが
本来そういうものなのかもしれません。
(だったらごめんなさい

14.jpg
サルシッチャのピッツァ

それでもやっぱりパリッと
しているのが好きだな~。

そうは言いつつ、十分満足でしたよ。
ごちそうさまでした~~~

これは、ますます
「さくらぐみ」も行かなくっちゃ、
と決意を新たにしました。

11.jpg
店舗入り口 右のVERA PIZZAという看板が認定店の目印

<Azzurri(アズーリ)HP>





スポンサーサイト

category: レストラン

tb: 0   cm: 0

△top

エビと生ハムの贅沢トマトソース 

 

撮影用にとってあった生ハム
アルトアディジェシュペックIGP
がたくさんあるので、
贅沢にパスタのトマトソースに使うことにしました。

エビと生ハムのトマトソース。

DSC_0074.jpg

いいんですよ、生ハム。加熱しても。

加熱することによって固くなりますが、
細かく刻んで料理に加えると、
結構いい味と香りがでます。

もともと発酵食品ですからね。

さて今回は(も?)冷蔵庫のありあわせでGO!

【材料】(3人分)

生ハム3枚、むき海老(小)12尾、
パッサータ(トマトピューレ)カップ2、
とまとケチャップ大さじ3、ニンニク2かけ、
玉ねぎ1/2個、バジル(無くてもOK)、
塩コショウ、パルメザンチーズ、
牛乳50cc(無くてもOK)

【作り方】

1.フライパンにオリーブオイルと
ニンニクを入れて、
弱火で温めながら香りをだします

2.玉ねぎの薄切りと殻をむいて背ワタをとった
エビをさっと炒め、バジルも入れて、
塩コショウします

3.パッサータを加え、ケチャップも入れます。
(パッサータだけでは少し酸味が強いので、
ケチャップで甘味を加えました)

2.jpg
パッサータはコレ
3.jpg
ケチャップはコレを使いました

4.少し温めたら、小さめに切った生ハムを入れ、
味をマイルドにするのに牛乳も少し入れて、
塩コショウで味を調えます

4.jpg

5.茹であがったパスタ(今回はペンネ)に
オリーブオイルを廻しかけ、
トマトソースをからめます

6. お好みでパルメザンチーズを
振りかけたら出来上がり

いっただきま~す 


<エビはちゃんとしたごしらえしよう!>

エビの下ごしらえは必ず背ワタをとること。
苦みがでたり、食感が悪いだけではありません。
養殖エビでは、稚えびに抗生物質や成長促進剤や
食欲増進剤などを使用する場合が多く、
それら薬品類の成分が背わたに溜まっている場合があります。
人体への影響を考えると、とったほうがいいと
思っています。

また、からを剥いたあとは少量の水に片栗粉を
入れたなかでエビをもみ洗いします。
これで、表面についた細かな汚れが
落ちると言われています。
臭みも取れて味が良くなるような
気もします。


エビは大好きで  良く食べるので、
気をつけています。

そういえば、先日つくったエビの水餃子も
美味しかった~~~!
ありがと~~~~!






category: レシピ

tb: 0   cm: 2

△top

イタリアの生ハムはレベルが高い!と再確認 

 

【お詫び】
本日はまずお詫びから。。。

ショップのほう、
実は冷蔵品の販売が止まったままで
お客様に大変ご迷惑をおかけしております。

もうみなさんしびれをきらして
他店でお買いものされていても
仕方がない、というほど、
長期間止めてしまってます。
大変申し訳ございません。

冷蔵品専用の倉庫&発送代行の
準備がなかなか整わないんです。

それでもやっと、
準備がととのいつつあるので、
商品をいくつか追加することになりました。

その第一弾が
「アルトアディジェシュペックIGP」。
このシュペックは、
20度以下で燻製にした豚のももを
最低22週間熟成させた燻製生ハムです。

DSC_0101.jpg

↓こちらで買えるようになりました!!
トラノイ フレスカ


燻製、美味しいですよね。
燻製してから熟成させるので、
とっても深い味わいなんです。

生ハムにしては塩分が少ない感じするのに、
コクがあってとても美味しい!

この味、日本人好みだと思います。
脂身がトロリとしているのも、いいシュペックの条件。
うん、満たしている。



DSC_0149.jpg

それから、グリーンオリーブ。
これは食べ応えのあるビッグサイズ。
大きいグリーンオリーブ、
ぼやっとした味のものが多いのですが、
これはいけます。
パリッと歯ごたえが良く、香ばしくて
ナッツを食べているような感覚。
食べだすと止まらない美味しさ。

お酒がなくてもいけちゃいます。

↓こちらで買えるようになりました!!
トラノイ フレスカ


今日はお天気もいいので、
この2商品を撮影しました。

すると、そこに生ハムに目の無い息子登場。
「あ、撮影してるの?じゃ後で食べようね」と。

先日冷蔵庫の生ハムを見つけ、
虎視眈眈と狙っていたのです。

撮影後、お昼ご飯に
生ハムをた~ぷりはさんだ、
バゲットサンド、グリーンオリーブ添え。

DSC_0162.jpg

うまい~~~~~~。

やはり、イタリアのハム類はレベルが高い。

必要以上の添加物は使用していないのも
いいと思います。
実は第2段ではもっと、
生ハムやサラミの種類を増やしていく予定。
ご期待下さいね。

category: TRA NOI情報

tb: 0   cm: 0

△top

お友達が送ってくれた、ヘルシーパスタのレシピ&写真です。 

 

ネットショップのお客様でもある、
お友達がレシピを送ってくれました!

焼きナスに合う
有機のおいしい
EXVオリーブオイル
をちょうだい


というのが彼女のご注文。

はいはい、
ちょうどいいのがあります。

トスカーナの
完全有機栽培オリーブ農家から
買って、今月中にも
販売開始のおいしい
有機オリーブオイルが。
(ここでカミングアウト!)

Armo.jpg

まず、これを先行販売ということで
買っていただきました。

それと、一緒におすすめしたのは、
やはりこれ。

オリーブオイル 通販 - TRA NOI - 
D.O.P.リヴィエラリグレ

「和食に合う」
言われていて、
日本橋の日本料理屋さんにも
使っていただいている、
一番人気の
『DOPリヴィエラリグレ』
です。


彼女は食の安全について
とっても詳しい人。
本人も毎日の食事を、
厳選された食材で
手作りしています。

添加物などに敏感。
良くないものには即、
体が反応するとても
デリケートな人なので、
正直、この2つのオイルに
対する評価がと~っても
気になっていました。

それでもって、
さっそくもらった感想が以下です。
(まず、『DOPリヴィエラリグレ』
を開けてくれたもよう)


<ナスを料理しながらの実況>
 
 サラッとしているところからして、
 もう、すでに違います!
 茄子を焼いてみましたが、
 美味しいです!
 臭くない


<パスタを作り終えてからの感想>
  
 この、オイルは、
 凄く美味しい。
 浸透力が違うし、嫌味がない。
 びっくりです。
 店で売ってるオイルは
 一体なんなんだ?と思った。

 オリーブオイルを
 知ってたつもりだったけど、
 こんなに違うとは。
 感謝です


…良かった!
どうやら気に入ってくれたらしい!!



ありがとうね。

彼女が作った塩麹と
オリーブオイルを使うパスタ。
「油揚げと玉ネギと
発芽大豆のパスタ」



__.jpg



【レシピはコチラ】

1.オリーブオイルを温め、
つぶしたニンニクを入れて香りをだし、
取り出して岩塩をかけておきます。
油揚げの細切りもフライパンで焼いて、
岩塩と胡椒を振っておきます。
(これらはあとでトッピング用にします)

2.玉ねぎを炒め、発芽青大豆をいれ、
パスタの茹で汁を足し、2〜3分。

3.ベジタブルブイヨンを
入れてパスタを合わせ、
塩麹を加えて混ぜます。

4. 火を止めてから、
オリーブオイルを一振りし,
混ぜ合わせて、盛り付けます。

5.焼いておいた油揚げ、ニンニク
をのせます。
(今日はミニトマトを添えました)

6. 食べる時に、
生醤油をチラッとかけていただきます。


あっさりした感じ。
ヘルシーで美味しそうです。


オリーブオイルとお醤油の
思いがけないマッチング、
いいですね。

次回は有機オイルの
ご感想もぜひよろしくね!



category: レシピ

tb: 0   cm: 2

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。