<-- OGP -->;

おしゃべりランチ

きままなお昼休みトークbyレンズ豆のスープ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

“天空の城”竹田城跡に行きました 

 

2_20130331210750.jpg

神戸から車で2時間弱。
“天空の城”として有名な竹田城跡
行って来ました。

残念ながら竹田城が天空の城に見えるのは
雲海ができる秋冬の早朝なんですって。ガックリ

ただし、秋のシーズンは観光客が多く、
駐車場待ちで大変らしいです。

でもよくいわれるようにインカ帝国の
マチュピチュみたいで(写真で見たことがあるだけですが)
なかなか良かったです。

360度どこを見てもいい景色。

3_20130331210753.jpg

城のあった頂上は思いのほか広くて
気持ちのいい、爽やかな風が吹いていました。

特筆すべきは、柵がないこと。
城のまわりは断崖です。
断崖だけど、柵はない。全く無しです。

日本の観光地には珍しいのではないいでしょうか?
日本の観光地は、どこに行っても“安全第一”。
やたらと柵が張り巡らされています。
時にはコンクリートか何かでがっしり固められていて、
興ざめです。

個人的な考えでは、あんまり安全にしすぎると、
人は注意しなくなる。
安全な環境の中にいるうちはいいけれど、
一歩外の危険に直面した時に、
注意を怠る。ちゃんと判断できなくなる。
…そんなふうになってしまうのではないかな~なんて思うのです。

心配性のお母さんは子供から手を離せないのでは
ないかというくらい、柵無いです。
落ちたらまっさかさまです。

うん、このまま放置とは、ここすごい。


この竹田城は、完成したのは天正~慶長。
安土桃山時代から江戸時代のいつか。
はっきりしていないようです。

但馬国に栄えた日下部氏の一族、
太田垣氏が城主でしたが、
その後、羽柴(豊臣)秀吉に攻撃されて落城しました。


私は山城の郷から徒歩で登りましたが、
こちら側のルートは勾配が緩く、
運動不足はなはだしい私でも、
40分くらいで、楽に登れました。

帰りに竹田駅のすぐ裏の寺町を散歩したら、
そちらにも竹田城跡への登山口がありました。

7
レトロな竹田駅。すぐ裏に寺町通りがあります。遊歩道の桜がきれいでした

6
竹田駅のすぐ裏から竹田城跡への登山口があります。こちらは急勾配コース

こちらも所要時間40だけど。急斜コース。
脚に自信のある方はどうぞ~。


さてさてお楽しみ。
山城の郷のレストランでランチ。

4

5

但馬牛の焼き肉定食(1900円)も
照り焼き鶏の山城弁当(1300円)も
なかなか美味しかったです。

お米は“コウノトリ育む農法”という
兵庫県がすすめる自然農法で作られたお米。
http://www.ja-tajima.or.jp/agricultural/kounotori-hagukumu.html
つやつやの美味しいお米でした。

運動したのでなおさら?
すっかり栄養補給してしまいました~。

秋にまた来てみたいな。
雲海の上に浮き上がるように見える竹田城跡。
きれいでしょうね



スポンサーサイト

category: 関西おでかけ

tb: 0   cm: 2

△top

吹田市山田のイタリアン、 トラットリア・サルーテでランチ 

 

6_20130322014050.jpg

吹田市山田にあるイタリアン、
トラットリア・サルーテでランチしました。

阪急千里線山田駅より徒歩3分ですが、
マンションの立ち並ぶ住宅街の中にあるので、
静かでおちついたレストランでした。

窓が大きく、道を行き交う人や
道路わきの木々の緑を眺めながら
ゆったりとした時間が過ごせるお店です。

5_20130322014020.jpg

私の家からは遠いのですが、
近くにあったら通いたいお店ですね。

料理はドルチェ付のパスタランチ。
アスパラと鮭のタリアテッレをいただきました。

2_20130322014014.jpg

前菜盛り合わせ:ネギのマリネ、キノコのカポナータ、
鴨と金柑とチーズ、ブロッコリーのペペロンチーニに明石蛸

1_20130322014011.jpg

ローズマリー入りのフォカッチャが美味しい!

そしてこのディップ皿付のお皿!!
ほしい~~~。
パンにオリーブオイルを付けるウチには必需品ですよ。いいな。

TRANOIで買えます。
オリーブオイル用パン皿


3_20130322014015.jpg

タリアテッレもつるつるとした食感がいい感じ。

4_20130322014017.jpg

ドルチェもランチなのに充実。
特にバルサミコを絡めて上にマスカルポーネを
のせたイチゴが美味でした。

なんとなく、まわりみんな予約のお客さんのようでした。
地元で愛されているイタリアンなんですね。

くつろぎのひと時をありがとうございました 


【お店データ】
トラットリア・サルーテ
〒565-0824
吹田市山田西4丁目2-18号 サンノーブル山本105
TEL:06-6878-3078
<営業時間>
AM11:30-PM2:30
PM6:00-PM11:00
<定休日>
水曜日


category: レストラン

tb: 0   cm: 2

△top

東京阿佐ヶ谷にオープン。イタリアンレストラン『MU(ミュー)』 

 

4

東京阿佐ヶ谷の駅近くにオープンしたばかりの
イタリアンレストラン、『MU(ミュー)』
に行って来ました。

実はここ、妹の知り合いのお店なんですが、
贔屓目でなく、とっても美味しいと思いました~
おススメです。

まず食材自体がいいし、
食材の組み合わせ方にもシェフのオリジナリティを感じ、
料理が出てくるたびに小さな驚きがあって飽きさせないんです。
だからでしょうか、不思議にどの料理も印象に残りました。

1
前菜盛り合わせ。北海道のミミイカがぷりぷり。ただのニンジンもこんなに美味しくなるんだ

2
チーズ入りオムレツ。ふわふわのオムレツの下から私の大好きな菜の花とアスパラが。LOVE!

3
ドライトマトのパスタ。シンプルだけどゆで加減とソースの絡みがただものではない!

4
ほのかにロースマリーの香りがするこのラザニアは絶品です

5
キツネメバルなど魚介のソテー、オリーブ風味。貝の旨みが程良く全体に絡んでる

6
ポークソテー、キノコのソース。バターの風味が素晴らしい

お店は住宅地にふさわしいおしゃれな一軒家です。
小路を入った突き当りなので、少し入りにくい感じがありましたが、
店内に入ると、ひろびろとしてとても居心地のいい空間です。

9

ホール担当の気さくで楽しいUさんは、
なんとフランスで勉強してきたパティシエでもあります。
食事の最後にはキッチンに入り、
とても素敵なデザートを作ってくれましたよ。

7
焼きりんご入りのドルチェ盛り合わせ。シアワセの別腹~~~

ごちそうさまでした

イタリアンのシェフとフレンチのパティシエのお店、
面白いですね。
だから「リストランテ」と言わず「レストラン」なんですって。

料理もお店の雰囲気もすばらしいのに、
値段がリーズナブルなところも満足度アップです。
私の東京での行動半径からすると、阿佐ヶ谷は少し外れますが、
少し足を延ばしてもまた行こうと思わせるお店です。

8

まだオープンしたてで宣伝もしていなかったことと、
妹が知り合いということで、待たずにすんなり入れましたが、
そのうち「行列ができるお店」になりそうな予感。
近所にあったらしょっちゅう行きたくなるような
お店ですもん。

ランチもやっているそうで、
ランチは、パスタランチ、グラタンランチ、
アンティパストランチがそれぞれ1000円でサラダかスープにパン付き。
ミューランチはメイン料理にスープとパンで1500円です。

『アンティパストランチ』が美味しそう!
今度ぜひ食べてみたいです。

【お店データ】
レストラン ミュー (Restaurant MU)
03-3317-7278
東京都杉並区阿佐谷南1-47-7 (阿佐ケ谷駅から210m)
<営業時間>
11:30~14:00(L.O) 18:00~22:00(L.O)
ランチ営業、日曜営業


 追加情報
ミューさんで当店のオリーブオイルを使っていただくことになりました。
シェフに「使いやすくてとても美味しい」とお墨付きをいただきました!!
ありがとうございます。
使っていただくことになったのはコチラのオリーブオイルです。

mosto_btl_l.jpg

タジャスカオリーブのオイル MOSTO(モスト)のページはこちら


category: レストラン

tb: 0   cm: 0

△top

「健康博覧会2013」 に行ってきました! 

 

3

ちょっと遅くなりましたが、
3月13~15日に東京有明のビッグサイトで
開催された、「健康博覧会2013」の報告です。

「健康博覧会2013」
何年か前だと私にも、なんだか怪しげに思えたかもしれませんが、
今は興味津々です。

これからの食糧事情・医療を考えると、
必要な栄養の補助になるような
安全で質のいい健康食品やサプリメントなどが、
必要になってくると思うから。

いろいろ知りたい!と思って見聞を広めに行って来ました。

すごく盛況でしたよ~。
人がたくさん。盛り上がっていたし、
講演をいくつか聞いたけど、
どれも満席に近い状態でした。

2

市場も伸びていて、あたらしい商品も
どんどんでているようでした。

美容関係のサプリや化粧品との垣根も
無くなってきているし、
いわゆる「健康食品」ではなく、
お茶とか、石鹸とか、ワイン、ふすまのパン、
イタリア、フランスの有機栽培の食材なんかもあって、
もちろん試飲、試食もできて、
なんだかFOODEXみたいでしたよ!

いや、はっきりいってFOODEXより
賑やかで楽しい感じでした。

私の注目はやっぱり油関係なんですが、
(オリーブオイル屋なので)
これは、いいと思ったのは
「クリルオイル」ですね。
これは南極オキアミからとる油。

1
これがクリルオイルのサプリ。アスタキサンチンの赤がきれいです

現代人にはオメガ3の脂肪酸が不足しているので、
亜麻仁油やえごま油で補うといいんだけど、
このクリルオイルはオメガ3がたっぷりで、
しかもリン脂質が一緒に入っているために、
とても吸収率がいいらしい。
そのうえ、高い抗酸化作用をもつ
アスタキサンチンが含まれているのは、
オキアミが食糧としているのが、
唯一アスタキサンチンを作れる珪藻類だから。

すごく理想的なオイル!

しかも、生息しているのは重金属などのない、
きれいな南極海域
シロナガスクジラが生涯、この南極オキアミだけを
食べて暮らすというほど、栄養価の高い生物なんです。

シロナガスクジラの餌を乱獲して
捕りつくさないような配慮も各国間の取り決めで
なされていて、環境保全性もあります。

サプリの形になっているのですが、
いいところはオキアミから抽出しただけで、
何も加えていないし、加工していない点。
自然のオイルなんです。

いいけど、価格が高いのが難点。
すぐに、うちのネットショップで扱えるものでは
ないけれど注目です。

とにかく、日本人を元気にする食べ物を探したい。
健康食でも、普通の食品でも何でも。
引き続き、リサーチしていきます!

category: 油の話

tb: 0   cm: 0

△top

タイ風、ピリ辛春雨サラダ。お友達のレシピ 

 

タイ料理も大好きなのですが、
今、近所にタイ料理屋さんがないのが残念。

…と思っていたら、
お友達がタイ風の春雨サラダ
ご馳走してくれました。

DSC_0125.jpg

さっそく作り方をきいて作ってみたら
意外と簡単で美味しいので、定番になりました。

タイ料理のヤムウンセンほど辛くなく、
シャンツァイ(中国語で香菜、タイ語でパクチー、英語でコリアンダー)
ではなく、セロリを使うので子供にも食べられます。

では早速作り方

【材料】(4~5人分)

春雨(こしのある緑豆春雨を使いました) 40g
セロリ 1本
キュウリ 1本
ニンニク 1かけ
ピーナッツ(20粒くらい)
鶏ささみ肉(2枚)

ナンプラー(大さじ2)
スイートチリソース(大さじ2)
レモン汁か酢(今日はワインビネガー)(大さじ1)
塩 小さじ1/2


1_20130301170054.jpg
3_20130301170057.jpg

【作り方】

1.鶏ささみに軽く塩コショウ、酒(分量外)を振りかけ、
 蒸し器で蒸すか、少量の湯で茹でる。
 火が通って少し冷めたら、細かく裂いておく

2.セロリは皮をむいて千切り。葉の部分も細かく刻む。
 キュウリも千切りに。
 ニンニクはみじん切り

3.ピーナツは砕いておく(すり鉢などで)
(*ごめんなさい!!ピーナツが切れていたので今回は省略)

4.春雨は茹でて水を切っておく。
 (ハサミでザクザクと短く切っておくと食べやすい)

5.ドレッシングの材料(ナンプラー、スイートチリソース、
 レモン汁と塩、みじん切りのニンニク)を
 大き目のボールで混ぜ合わせる。


2_20130301170056.jpg

6.5のボールにまず鶏肉を入れてからめ、
 次にセロリやキュウリ、春雨、ピーナッツを入れて
 全体に混ぜ合わせて出来上がり。


4_20130301170059.jpg

あまり使う場面がないセロリの葉まで
丸ごと食べられるのがいいですね。

今回、ピーナッツがなくて残念でした。
ピーナッツは入れた方が断然美味しいので、
できれば、ぜひ入れてください。

先日、春雨サラダといいつつ、春雨を入れるのを忘れ、
食べた後で気がついた、という
大ボケをやってしまったのですが
春雨が無くても十分美味しかったです。
(少ししょっぱかったけど…)

よりタイ風にしたい人はシャンツァイを追加して、
キクラゲなんかも入れて、もっとチリソースの
分量を増やすといいと思います。

category: レシピ

tb: 0   cm: 2

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。