<-- OGP -->;

おしゃべりランチ

きままなお昼休みトークbyレンズ豆のスープ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

アルガンオイル・ドレッシングと亜麻仁油・ドレッシング 

 

オーガニックオイルズ社のオイルを入荷して、
使ってみるのを楽しみにしていました。
もちろん、単体での味見はしていますが、

アレを足したり、これと混ぜてみたり…
料理を作って撮影も、どんどんやってみたいけど、
今日は時間がないので、
ドレッシングを作るだけにしておきました。

それでもなかなか楽しい!!

まずはアルガンオイルで使ってみましょう。
アルガンオイルには「ロースト」と「ノンロースト」
がありますが、オーガニックオイルズ社のアルガンオイルは、
芳ばしい香りのローストタイプ。

DSC_8631.jpg

みじん切りにしたニンニク1かけを、
オリーブオイルで炒めます。弱火でゆっくり、こんがり。
アルガンオイルを大さじ2に
醤油小さじ1/2と酢小さじ1/2、それから塩少々。
炒めたニンニクの粗熱がとれたら、炒め油に使った
オリーブオイルごとアルガンオイルと合わせて出来上がり。
芳ばしいニンニクと、芳ばしいアルガンオイルがベストマッチです。
お豆腐や蒸し鶏など淡白な味のものに合いそう。
(材料はひとり分の量)

s_btl_argan.jpg
アルガンオイルはこちら


次はレモン風味の亜麻仁油
ちょっと苦みがありますが、慣れてくるとクセになります。

DSC_8617.jpg


亜麻仁油レモン風味があれば、レモンを切らしていても大丈夫。
レモンの爽やかな香りをしっかり感じます。
玉ねぎ1/4個をすりおろします。そこにハチミツ小さじ1/2、
塩少々、醤油小さじ1、酢1/2、亜麻仁油大さじ2杯、
オリーブ油大さじ1杯を入れて出来上がりです。
(材料はひとり分の量)

s_flax_lemon.jpg
レモン風味の亜麻仁油はコチラ

今度は普通の亜麻仁油
この亜麻仁油は色が黄色っぽくてきれい!

DSC_8623.jpg

今は辛味も少なく美味しい新玉ねぎの季節なので、
これにもすりおろし玉ねぎを大さじ1入れました。
亜麻仁油大さじ3に、ハチミツ小さじ1/2と塩少々。
それから、「梅酢」があったので、小さじ1/2。
赤い梅酢を入れたら、全体が明るいオレンジになりました。
とってもきれいな色。
さっぱりして美味しいドレッシングができました。
(材料はひとり分の量)

s_btl_flax250.jpg
亜麻仁油はこちら

あと、先日自然食カフェで購入した、『ねむらせ豆腐』
という発酵豆腐があったので、アルガンオイルと合わせてみました。

濃厚な感じのソースになり、茹で卵に
つけて食べたらGOODでしたよ。
発酵豆腐の代わりにお味噌でもいいかも。

DSC_8633.jpg10_20130427005208.jpg

ドレッシングの味見用に簡単レタスとベビーリーフだけのサラダ。
…でも、ちょっと寂しいので、オリーブオイルを浸したパンを
トースターでカリッと焼いた、即席クルトンを載せました。

DSC_8641.jpg

いっただきま~す!


スポンサーサイト

category: レシピ

tb: 0   cm: 0

△top

武庫之荘のイタリアン 『カサレッチョ(CASARECCIO)』でパーティ! 

 

料理大
(copyright@CASARECCIO)

イタリア語のレッスンを受けています。
(さっぱりうまくならないのですが…)

教えてくれているニコラ先生が、私たち生徒を、
イタリアンレストランに誘ってくれました。

阪急、武庫之荘駅から歩いて3分くらいの
『カサレッチョ(CASARECCIO)』
というお店。

CASARECCIOとは、イタリア語で「家庭の」という意味。

まったく、その通りのお店でした。
イタリアの街角のトラットリアみたいな
家庭的な雰囲気です。

満面の笑みで迎えてくれるオーナーシェフの
ファブリツィオさんは、
「もともとはローマっ子、今は尼っ子(尼崎ッ子)」だそう。

casareccio1.jpg
(copyright@CASARECCIO)

関西弁で冗談連発。
関西弁が似合ってる!
というか、関西弁しゃべっているのか、
イタリア語しゃべっているのかわからない時がある(笑)!
というくらい、自然なイタリア訛り関西弁

お店は1階はカウンター席と2人かけの小さいテーブルのみ。
2階に上がると、6~10人くらいのグループ席が
3つくらいとれるスペース。
誰かの自宅に遊びに来たようにくつろいだ雰囲気で、
いい感じです。

3_20130421161959.jpg1 - コピー
(右写真の一番左がニコラ先生。その隣がオーナーのファブリツィオさんで
そのまた隣がワタクシ。皆さんに掲載許可をいただいて掲載しています)


美味しい料理をいただきながら、
楽しい時間を過ごすことができました。

前菜にはモッツァレラチーズや生ハム、
その他いろいろな盛り合わせのアンティパスト・ミスト。

自家製ピッツァは、お持ち帰りもできるそう。
近所の人が羨ましい~。

パスタは、全体にしっかりした味付け。
私好み。美味しかった。
とくにウニのパスタは絶品でした。

そして、ドルチェの盛り合わせは、
栗のクリームのクレープやパンナコッタなど、
イタリアの伝統的なドルチェの盛り合わせ。

casareccio2.jpg
(copyright@CASARECCIO)

次々運ばれてくる料理。
初めてのお店で、量的な把握ができておらず、
最後はお腹が一杯で
残念ながら、味見程度の量しか
入らなかったものも…

それで、気がつくと料理の写真は撮り忘れてる…。
で、ファブリッツィオさんに電話したら、
「HPの写真使っていいですよ。」と
お許しをいただきましたので、掲載させていただきました。

料理2料理1
(copyright@CASARECCIO)

ニコラ先生がこのお店を選ぶのが
わかるような気がします。
イタリアに居るような気持ちになれるんじゃないかな、と。

こういうお店、いいな。大好き。
また来たいけど、私の自宅からは電車で約1時間。
こっち方面に来た時には、また必ず食べに来ますね!

【お店データ】
<住所>
兵庫県尼崎市南武庫之荘1-22-23
(⇒阪急電鉄 武庫之荘駅より徒歩3分)
<電話>
06-6432-3232 (予約はこちら)
<HPはこちら>
CASARECCIOのHP
<営業時間>
午前 11:30-14:00
午後 18:00-22:00
<定休日>火曜日



category: レストラン

tb: 0   cm: 0

△top

『エキストラバージンの嘘と真実』 

 

41ZibABo+wL__AA160_.jpg
『エキストラバージンの嘘と真実』(日経BP社)→アマゾンのページへ


昨年11月に日経BP社から出版された
『エキストラバージンの嘘と真実
~スキャンダルにまみれたオリーブオイルの世界』


です。

北米で出版されてベストセラーになった本の翻訳本です。

オビのキャッチコピーは

「あなたのオリーブオイルは大丈夫?」

え?何のこと? とお思いですか?

残念ながら結構多いようです、偽装や不正、犯罪。
主にヨーロッパや北米など、世界の主な生産国と
消費国の話ですが、年々オリーブオイルの需要が
増えている日本も無関係ではありませんね。

例えば、酸化した売れ残りオイルを
高温で脱臭、脱色して無味無臭にし、その後エクストラバージンを
足して、再度「エクストラバージンオリーブオイル」として売る、とか、
安い大豆油やヘーゼルナッツ油などに色と香りを付けて、
「エクストラバージンオリーブオイル」として売る、とか。

当然ですが、そんな偽物オイルに
抗酸化作用、抗炎症作用、免疫力を高める作用、
紫外線から細胞を守る働き、神経障害の予防など、
健康効果は全く望めません。

健康効果を期待して、オリーブオイルを
摂っている人も多いのに、これはいけませんよね。

オリーブオイルの栽培には結構手間がかかるのです。
人件費もかかります。
取引先のオリーブオイル農場を訪ねてみて、
「なるほど、真面目に高品質のオリーブオイルを
作るためには想像以上の労力とお金がかかるものなのだ。」
思いました。

私はある時期まで、もっと安くオイルを
提供できないかと考えていたわけですが、
高品質の「エクストラバージンオリーブオイル」
でなければ、販売する意味がないと
思うようになりました。

古代人が「神様からの贈り物」と考えた
オリーブオイル。
そのオリーブオイルの素晴らしさと
危機について、ぜひこの本で知ってください。

category: 本の紹介

tb: 0   cm: 0

△top

食品保健指導士の資格試験に合格しました。 

 

花の写真。

スイートピーとデンファレ

10_20130415170930.jpg

ご報告が遅れました。

2月位に「今、免許取得のために勉強中です」という
ブログを書いたのですが、
(『食品保健指導士ってなに?』のブログページ)

『食品保健指導士』の免許取得試験に合格しました!

このお花は心優しいお友達が、お祝いに、とくれたお花です。

花など贈られたのは何年ぶりなことでしょう。

ありがとう!!嬉しい!!

嬉しいので写真をパチリ。

食品の栄養機能について、安全について、
頑張って情報発信していきたいと思います。

美味しいのが一番。でも
美味しくて体にもいいのがもっと一番。
…ですよね!

というわけで、今後ともよろしくお願いいたします。



category: TRA NOI情報

tb: 0   cm: 0

△top

子供用カトラリー『トレビンビ』  

 

新学期が始まりましたね。

この時期、新1年生がかわいいですよね。
ピカピカのランドセル背負って。

ウチの子供が通う小学校は少子化が嘘のように
感じられるほど、子供が多いマンモス校。
新1年生はなんと10クラスらしいです。

さて、当店で販売している、

子供用カトラリー『トレビンビ』

を、とある幼稚園の今年度の、
お子様達のお誕生日プレゼントにしたいとの
ご依頼があり、ギフト包装しました。

通常はそっけないPP袋に入れて販売しているのですが、
まず、フォークやナイフでお子様が怪我をされないように、
緩衝材で厳重に包み、それをこ~んなかわいらしい袋に入れました。

9_20130415170927.jpg

それから男の子用と女の子用の区別ができるように、
ブルーとピンクのシールを貼ってできあがり。

男の子用にはブルーグリーン
女の子用にはピンクオレンジ


赤っぽい色が好きな男の子も青っぽい色が好きな
女の子もいるでしょうけど、便宜上こうなってます。
ガマンして下さいね。

315セット。
なかなか大変な内職でした。

喜んでもらえるといいな。

●トレビンビのページはこちら

category: TRA NOI情報

tb: 0   cm: 0

△top

三宮の串揚げ屋さん、『串はん』 

 

3

三宮駅西口から徒歩5分の串揚げ屋さん
『串はん』さんに行って来ました。

衣が私好み。薄くてサクサクです。

五島列島の椿油で揚げているそうで、
これは、油を気にしている私には嬉しい!

サクサクの食感とは関係ないかもしれませんが、
椿油の脂肪酸は主にオレイン酸
リノール酸を摂り過ぎている現代人には
うれしい油です。

15串コースをいただきました。

とにかく1本1本凝っていて楽しかった。

6

4

サーモンにはイクラ、
いかにはウニがのっている。
筍には木の芽、
ポテトにはフォアグラ、
牛肉にはこがしたニンニク、
貝柱にはキャビア。
エビはほんの少しだけ殻を残してあって、
その裏にミソがある。

…とそんな具合。

苦手なものは別の素材にかえていただけます。

5

お皿には、ポン酢、ゴマドレッシング、
特性ソースとフランスのゲランの塩。

特性ソースがとても美味しい。

関東から引っ越してきたわたしには、
関西のソースというと
「美味しいけど、ちょっと甘すぎ」な感想が多いのですが、
ここのはそんなに甘くなくて調度いいお味。

かなり満足。
店内は、カウンターに8人、テーブル席が2つだけ。
他のお客さんは、たまたまかもしれませんが、
常連さんばかりのようでした。
でもその方達とも、お話できて、
なんだか自分も常連さんの仲間入りをしたような
そんなくつろいだ雰囲気のお店でした。

先日、東灘にイノシシとウリボウの親子がでて、
人と一緒に横断歩道を渡っていた、なんて
楽しいお話で盛り上がりました。

コースの料金は、
10串コース 2600円
15串コース 3600円
20串コース 4500円


15串食べたら、ご飯は食べられないほど
おなか一杯です。

でも、デザートのバナナの串揚げは
何故かペロリと入りましたが。

【お店基本情報】
店名:串はん (くしはん)
住所:兵庫県神戸市中央区下山手通2-1-4 KWビル西館 1F
(阪急三宮駅西口 徒歩5分)
電話番号:078-391-1294(予約可)
営業時間:17:30~23:00(L.O.22:30)
定休日:月曜日


食べログのページ


category: レストラン

tb: 0   cm: 0

△top

DOPリヴィエラ・リグレ250ml&レモンオリーブオイル250ml  

 

DSC_8474.jpg

当店で一番人気の
DOPリヴィエラ・リグレの250mlボトル
を作ってもらいました!

イタリア人はたっくさんオリーブオイルを
使うので、現地では250mlはあまり売れないのですが、
日本向けの「お試しボトル」
として、作ってもらったんです。

それと、レモン風味のオリーブオイル。
こちらもメーカーが新しく作ったものです。

サンプルはもう手元にあるのですが、
現物はただいま、リグーリアの農場から
やっと出荷されたばかり。

販売開始できるのは来週の末~さ来週に
なりそうです。

サンプルでもらった
レモン風味のオリーブオイル
またまたトスサラダを作りました。

DSC_8439.jpg

具材は、レタスやクレソン、イタリアンパセリ、アボカド、
新玉ねぎや春キャベツの千切りも入れました。

それからポテト。
マヨネーズで和えるポテトサラダよりも、
ただ薄切りにしてさっと茹でたジャガイモを
サラダに入れるのが好きです。

作り方は、先日のトスサラダと同じ。
初めにオイルをかけて、全体に絡ませます。

今日は、サンプルでもらった
レモンのオリーブオイルを使いました。

レモンオリーブオイルを全体に絡めたら、
塩と胡椒を振りかけて、
また、さっくり混ぜ合わせます。

茹でポテトとアボカドを上にのせたら、
今日は、タイ料理で使う、
「スィートチリ・ソース」をかけました。

アボカドやトマト、茹でポテトに以外と会うんですよ。
オイルのレモン風味と甘辛のスィートチリ・ソースが
ちょっとエスニックな感じで。

今日も美味しい生野菜。

いただきます!!

●DOPリヴィエラ・リグレ(250ml)のページはこちら
●レモン入りオリーブオイル(250ml)のページはこちら

category: TRA NOI情報

tb: 0   cm: 0

△top

トスサラダ または トスドサラダ(Tossed Salad) 

 

DSC_8446_20130405113816.jpg

私、野菜サラダが大好きなので、
とにかく毎日食べます。
その時にあるもので作ります。

でも、市販のドレッシングはあまり使いません。
市販のドレッシングを買ってしまうと
毎日そればかりになってしまって、
楽しくないんです。

同じ味になってしまうし。

サラダの具も毎日変わりますが、
ドレッシングも毎日変わるのが私のサラダ。

野菜サラダで大事な事は、野菜を水洗いしたあと、
しっかり水切りをすることです。
水分が残っていると美味しくないし、
ビタミンなど水溶性の栄養分が出て行ってしまいます。

サラダ用のスピナー(回転させて水切りする)などで、
しっかり水切りをしましょう。

DSC_8438_20130405113823.jpg

あと、大事なのは水切りした野菜に、
まず、少量のオイルを絡ませることです。

サラダを作って、混ぜ合わせたドレッシングを
最後にかけるという人が多いかもしれませんが、
野菜にまず、少しだけ油を振りかけて、
トングとか、サラダ用のサーバーなどを使って、
サック、サックと混ぜ合わせるんです。

DSC_8440.jpg

トス・サラダとかトスド・サラダ(Tossed Salad)
といいますね。

野菜をトス(放り投げ)しながら、
オイルでコーティングするのです。

野菜にオイルを絡めると、
野菜から水分、栄養素が逃げないし、
その後、塩などをかけても
水っぽくならす、葉のシャキシャキ感が
保たれて、レストランのサラダのようになります。

私はサラダには、オリーブオイル、ゴマ油、
亜麻仁油、アルガンオイルなどを使います。

特に亜麻仁油はオメガ3がたくさん入っていて、
体にとてもいいのですが、
熱に弱く調理には向かないので、
なるべくサラダに使うようにしています。

亜麻仁油はちょっと個性的な香りがします。
苦手な人は、少しゴマ油を混ぜると食べやすいですよ。
私は、お醤油とか梅酢と合わせて
和風にするのが好きです。

今日は、お醤油を入れたの和風トスサラダ。

一応レシピを載せますね。

【材料】
<ドレッシング>
オイル(今日は亜麻仁油とゴマ油少々)
醤油、塩、胡椒、レモン果汁

<具A>
レタス、ベビーリーフ、赤カブ、玉ねぎ、パプリカ

<具B・トッピング用>
卵、アボカド、オクラ(茹でておく)、ブロッコリー(茹でておく)


【作り方】
1.<具A>のレタスをちぎり、ベビーリーフとスライスした赤カブ、
玉ねぎ、パプリカと混ぜ合わせる

2.1に少量の亜麻仁油を振りかけ、サーバーを使って、
全体にざっくりと混ぜ合わせる

3.2を器に盛って、食べやすい大きさに切った
<具B>をトッピング

4.ドレッシングの材料を混ぜ合わせ、3.にかける


シンプルだけど、美味しい 

最後にやっと満開になった神戸の桜の写真を
プレゼント。

5

category: レシピ

tb: 0   cm: 0

△top

オリーブオイル用のお皿のサンプルきました! 

 

DSC_8471-2.jpg

これ、パンにオリーブオイルを付けて
食べる人用のお皿です。

パンにオリーブオイルを付けている人には、

なるほど!

とすぐに用途がわかると思いますが、
パン皿の一部にくぼみがあって、そこに
オリーブオイルを入れ、パンをそこに浸すんです。

普通、皆さんオイルを入れるお皿をパン皿とは別に
用意されてると思いますが、
これがあるととっても便利です 

しかも、他にもいろいろ使い道がたくさん。

思い立ったらやらずにいられないワタクシ。
早速いろいろのせてみました。

DSC_8455.jpg
スティックサラダとディッピングソース(これはマヨネーズ+唐辛子ペースト)

DSC_8485.jpg
お刺身とお醤油。これでお醤油用なお皿は不要です

DSC_8504.jpg
串揚げとお塩なんてどうでしょう

DSC_8467.jpg
ついでにさっきのパンとオリーブオイル。もちろんバターやジャムでもいいですね

ね?いいでしょ?
それに重ねられるので、収納もバッチリ!!

このお皿、レストランで見かけて、
とっても気に入ったので作ってもらいました!

ご購入はこちらから。
オリーブオイル用パン皿のページ

因みにイタリアにはこんなお皿ありませんよ。
日本人ってホントに便利グッズ考えるの得意ですよね。

イタリア語の先生(イタリア人)に写真見せたら、
こんなの見たことないけど、
いろいろ使えていいね、と言ってました。

因みに彼は、既に販売している
オリーブオイルディッピングディッシュが
すごく気に入ってました。
デザインがすごくいいって。

02.jpg

このお皿もトラノイで販売中。
ページはコチラです。

そうそう、デザインなら日本人も
イタリア人に負けませんよ。ね!



category: TRA NOI情報

tb: 0   cm: 0

△top

『ノルウェイの森』のロケ地、リラクシアの森 

 

4

峰山高原のホテルRelaXia(リラクシア)
に泊まろうと思った理由は、

1.ホテルの敷地内に野生の鹿が来るらしい。
2.標高900mにあり、星がきれいに見えるらしい。
3.敷地内の森は映画の『ノルウェイの森』の
  撮影に使われたらしい。


という3点なのですが、
なかなか良かったので、書いておきます。

上の写真はリラクシアの森の中にある、
「ここがロケ地」の看板。
看板が要るかどうかはさておき、
この冬枯れた森、何ともいえないムードがあって、
いい感じでした。

5

『ノルウェイの森』。

私は小説は読んだのですが映画は見ていません。
でも、この森を見たら「ちょっと見てみようかな」
という気になりました。(←ミーハー?)

標高900m。

下よりも5℃くらい温度が低いそうです。

今はシーズンオフですが、
夏の避暑にもいいみたいですね。
広い敷地にはテニスコートも6面くらいありました。
森には小川も流れていて、涼しいと思います。

夜、外に出てみると…あまりの暗さにびっくり!
まっくろです。漆黒。何にも見えない。
いかに都会の夜が明るいか、
目がそれに慣れてしまっているかわかりますね。

ふと、空を見上げると…無数の星!

ずーっと奥の弱く光る星まで見える、
この奥行き感。
こんな星空を見たのは、
何年も前に立山に登ったとき以来かも。

(写真が撮れないので、ありませんが)

鹿 もばっちり見ることができました。
近寄ると逃げてしまうので、
遠い写真しか撮れませんでしたが、
お尻の白い毛がかわいいですね。

1

でも走りだすと、さすが野生のシカです。
すごく速い!
この春小学5年の息子も、
動物園では見られない走る姿に興奮。

2

まわりに何か観光名所があるわけではないこのですが。
なんだか、ゆったりとした時間を
過ごすことができました。

3
リラクシアはオープン10年目とのことですが、
建物の手入れも行き届いていて、
清潔感がありました。

6

お食事の内容もなかなか充実していて
おいしくいただきました。
ワイングラスが小さすぎ(笑)なことをのぞいて、
とても満足です。

このホテルのシンボルマークがカエルなのですが、
息子がホテルの方にいろいろ質問していました。

このあたりに生息する「モリアオガエル」は、
樹に卵を産みつけるめずらしいカエル。
夏には、たくさん見られるのだそうです。

【峰山高原ホテルRelaXia(リラクシア)の情報】

兵庫県神崎郡神河町上小田881の146
Tel:0790-34-1516
Fax:0790-34-1518
http://www.himejicastlehotel.co.jp/relaxia/


category: 関西おでかけ

tb: 0   cm: 4

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。