<-- OGP -->;

おしゃべりランチ

きままなお昼休みトークbyレンズ豆のスープ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

徳島阿南 天婦羅用竹炭の実力は? 

 

揚げ物にどんな油を使ったらいいのか、で悩む方は多いと思います。

sumi0.jpg

私としては今のところ、
オリーブオイル、高オレイン酸ヒマワリ油、
菜種油(低温圧搾の遺伝子組み換え原料でないもの)、米油、
料理よってはココナツオイルなどが、一応OKの油と思っています。

なるべくオレイン酸が多い油。
そして抗酸化物質を含んでいて、活性酸素が脂質と結びつくのを阻止してくれる油。
ココナツオイルはほとんど飽和脂肪酸なので、もともと熱に強い油です。

それでも、油は熱することで、過酸化物などの不純物ができてしまいますし、
一度使った油はどんどんくたびれて、揚げ物も美味しく揚がらなくなってしまいます。
普段は少量の油で揚げ、使い回しはしないことにしていますが、やはり不経済。

そこで、見つけたのが天婦羅用の竹炭。
竹炭を油に入れたまま、揚げ物をするんです。
そうすると、何がおこるのか?

竹炭は暖まることによって、遠赤外線を出します。
熱が具材に行き渡るために、短時間でカラリと揚がるのです。
また炭が過酸化物やその他の不純物や具材からの水分を
吸着してくれるので、油の劣化が抑えられるのだとか。

さて、本当にカラリと揚がるのか、やってみましょう。

sumi1.jpg

まず、使用前に炭を軽く水洗い。水分を吸い取ります。
油の中に炭を入れて加熱します。

sumi2.jpg

油が十分に温まったら、炭を入れたまま、
具材を揚げます。
今回は野菜と小エビのかき揚げです。

sumi3.jpg

まず、驚いたのは短時間で揚がったこと。
本当でした。熱効率が良くなっているような気がします。

sumi4.jpg

そして、なるほど。
いつもよりからりと揚がっているような…。
天婦羅を揚げる腕にはいまいち、自信がないのですが、
今日は上手く揚げることができました。
偶然、ということもありえなくはないですが(笑)

そして、見た目の判断では、劣化が少ないような気がします。
合計で6個のかき揚げを揚げましたが、オイルは透明のまま。
最後に揚げた物も、ベタっとした感じはなく、
はじめに揚げた物と変わらない出来でした。

なかなかいいのではないでしょうか?
この油ならきちんと漉して、なるべく空気に触れないように保存すれば、
もう一度使えそうです。

揚げ物以外にもご飯を炊いたり、水道水の浄化にも使えるし。

なぜ備長炭より竹炭がいいかというと、その秘密は竹炭の無数の穴。
この穴のおかげで竹炭の表面積は木炭の3倍にもなります。
この表面積の大きさによって竹炭は木炭の10倍も吸着力が強いのだそうです。

また、竹炭は木炭に比べてカリウム、ナトリウム、マグネシウムなどの
ミネラルが豊富。ミネラルを含む油で揚げた揚げ物は
揚げた後のサクサク感が長く続くのだとか。

なるほど〜。
これからいろいろ使ってみて、またご報告のせますね!

●徳島阿南の天婦羅用竹炭のページはこちら→


スポンサーサイト

category: 油の話

tb: 0   cm: 0

△top

第2回 食用油セミナーのご報告 

 

3月22日。良く晴れた土曜日、東京南青山にある、
美味しい野菜が食べられるカフェレストラン、『南青山野菜基地』にて、
食用油セミナーを行いました。

セミナー1

今回は油のお話+TRANOIのいろいろな油を使ったランチを
お出しするという企画でした。
だいたいのメニューはきいていたものの、基本的にはお店にお任せのお料理。
どんなお料理がでるのか、私もわくわくでした。

油についてのセミナーは、「油ってなに?」「体にいいの?悪いの?」
「どんな働きをするの?」「どのようなことに注意して使えばいいの?」
…など、食用油を正しく使って健康に役立てるためのお話。


ご参加人数18名様。
私のつたないお話を皆様、熱心に聴いてくださいました。
ご参加の皆様、本当にありがとうございました。

セミナー2

お客様は、皆様食通で、しかも食について勉強されている方ばかり。
とっても緊張しましたが、皆様からお聞きする話も面白く、
とてもいい会になりました。

そして、お料理もとっても素晴らしかった〜!

セミナー3

サツマイモと牛蒡と菜の花のポタージュには、
オリーブオイルと香ばしいアルガンオイルを加えてまろやかな口当たり。

有機ニンジンとクリームチーズとスモークサーモンのカナッペと
レンコンとキャビアのカナッペ。
この二つのカナッペにナッツのような香りの麻の実油がよく合いました。

セロリとヤーコンのトマトサラダにはさっぱりした味わいの亜麻仁油の
ドレッシング。ご家庭でヤーコンが無い場合は、リンゴでもいいそうです。

セミナー5

ココナツオイルとマッシュした紫芋にアンチョビとガーリックを加えた
ココナツオイルバーニャカウダ。トロピカルで美味しいソースになりました。

セミナー4

フォアグラとチキンのソテー 焼き野菜添え。
高温でのソテーなので、フライングオイルを使用。
こんがりといい焼き具合でした。

真砂喜之助そうめんの荏胡麻オイルパスタ。
小豆島産の最高級の素麺を冷製パスタ風にアレンジ。
荏胡麻油がさらりとして、さっぱり美味しく仕上がっていました。
「これが素麺?美味しい!」と皆様にも好評でした。

セミナー7

そしてデザートのヴァニラアイスクリームにはオリーブオイルとゲラントのお塩が
絶妙にあいます。これなら自宅でもすぐに真似できますね。

お料理もとても美味しく、きっと皆様にも
ご参考にしていただけると思いました。

セミナー9

やはり一番嬉しいのは、皆様が
油に興味を持ってくださり、日々の料理に正しく、美味しく、
油を取り入れてくださることですね。

次は地元神戸か大阪でやってみたいと思っています。
またよろしくお願いいたしま〜す。



category: 油の話

tb: 0   cm: 1

△top

コブラムエステート(Cobram Estate)のオリーブオイル 

 

イタリアのオリーブオイルは「伝統的な石臼」や
「丁寧に手摘み」で、品質を守っています。
それは、傷ついて酸化しやすいオリーブの実を丁寧に扱い、
低温で圧搾することが目的です。

こちらオーストラリアのコブラムエステート(Cobram Estate)の
やり方は今までの常識を覆す方法で、高品質のオイルを作ることに
成功しています。

コブラムエステート

6500ヘクタールの広大な土地。
オリーブを傷つけることなく、大量に摘み取る独自開発の機械。
農園内の6カ所でオペレーションし、
摘んでから1時間以内に搾油をはじめます。
もちろんコールドプレスです。
そして、4〜6時間で美味しいオリーブオイルが完成!

驚きの早さです。
鮮度が命のオリーブオイルは、大規模・機械化が
上手く利用されている例だと思います。

オーストラリアにはオリーブにつく害虫がほとんどいないため、
農薬は全く使用していません。それもいい。

そうして出来上がったオリーブオイルは、
ニューヨーク・インターナショナル・オリーブオイル・コンペティション(NIOOC)で、
コブラムエステート・クラシックフレイバーと
コブラムエステート・ウルトラプレミアム・ピクアルが金賞。
オリーブ・ジャパンでもそれぞれ金賞を獲得しています。

その上、値段がリーズナブル。

コブラムエステート・クラシックフレイバーは375mlで1,250円(税別)。
●ブラムエステート・エクストラバージンオリーブオイル・クラシックフレイバーのページはこちら→

コブラムエステート・ウルトラプレミアム・エクストラバージンオリーブオイル・ピクアルは500mlで2,500円(税別)。
●コブラムエステート・ウルトラプレミアム・エクストラバージンオリーブオイル・ピクアルのページはこちら→

クラシックフレイバーは採れたての果実ような香りでフレッシュ。
苦みはそれほどなく、適度な辛み。後味がとてもさわやかで美味しいオイルです。
ピアクルは苦みも辛みも強め。オリーブの果実の香りがしっかりしています。
非常にバランスがいいオイルです。

ウルトラプレミアム・ピクアルの方は、
オイルの1本1本に農場の区画番号が記載され、
トレーサビリティが完璧です。

グローブブロック番号

ポップアップポアラー
ポップアップポワラー付き。オイルがたれず、使いやすい。

日本までは全部空輸、というのも珍しいです。
(当店直輸入のオイルは全部空輸していますが)

オーストラリアでこのオイルを知って、
探している方もたくさんいらっしゃる模様。

オーストラリアでここまで美味しいオイル、初めてです。
販売開始しました。
よろしくお願いします!

category: TRA NOI情報

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。