<-- OGP -->;
FC2ブログ

おしゃべりランチ

きままなお昼休みトークbyレンズ豆のスープ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

京都 山中油店 

 

創業は江戸後期の文政年間、200年近い歴史をもつ、
京都の油専門店、山中油店さん にお邪魔しました。

1_20130519180335.jpg
山中油店さんのロゴの入ったのれん。
(このページの写真は特別に撮影・掲載を許可していただいております)


さすが京都。歴史が違います。

まず、山中油店さんのご住所は、
「京都市上京区下立売通」といいます。
『下立売(しもだちうり)通』
下立売とは、たくさんの商人が路の傍らに立ち、物を売っていた通り、
ということなのだそうです。
今では一般住宅地がたくさん建っているとはいえ、
所々に昔の風情を残す建物が点在しています。

DSC_8740.jpg

山中油店さんの土地自体が、平安時代には、
内裏(天皇のお住まい)の一角だったそうで、
こちらの土地は、「平安宮一本御書所跡」。
書物の書き写しをして複製を作る場所だったのだそうです。

すごい~。平安時代の話ですよ!

DSC_8743.jpg

店舗がはじめて建ったのは安政二年(1855)。
代々大切に手入れされてきた店舗は現在も昔の面影が
十分に残っていて、素晴らしいのです。

現在お店を取り仕切っていらっしゃるのは、
5代目のお嬢さんご夫婦。
その奥様にお話を伺うことができました。

大規模な工場生産のものではなく、
創業以来の伝統を守り、品質のいい油だけを厳選して、
消費者に提供する、というコンセプトを
大事にされているお店です。

店内には、昔、菜種を炒るのに使われていた大きな鉄板が
展示されていたり、灯明用の量り売りの油があったり、
建築の塗装に使う、ベンガラや建築用油、柿渋などもあり、
まるで小さい博物館のようです。
日本で昔から使われていた自然素材の塗装加工では、
ペンキ等と違い、木の呼吸を妨げないので、
木が長持ちするうえ、シックハウスとも無縁だそうです。

DSC_8734.jpg
菜種を煎るのに使われていた鉄板。
その後ろには菜種油作りの昔の手引きが飾られています


DSC_8731.jpg
寺社の灯明に使われる量り売りの油。夜話という夜の茶会でも使うそうです

自然の油の塗料で定期的に手入れされているので、
この店舗の壁も美しいまま保たれているのですね。
お店がそのまま、施工例ということ、素晴らしいです。

お店の奥には、様々なオイルが所せましと並び、
どれも試食ができるようになっています。
また、お店の方が製法や食べ方など丁寧に説明して
くださるので、安心です。

ウチはネットショップですが、
山中さんが店頭でお客さんにご説明するのと同じくらい、
丁寧な説明を、WEB上に載せて、
お客様に、商品のことを、わかっていただけるように
しなければいけないのだな、と改めて思いました。

今回は落花生油と、国産なたね油、
それからオレンジ風味のオリーブオイルを
購入させていただきました。

14_20130519180337.jpg

落花生の油は、まず、試食してみてとても美味しかったので購入。
ぜったい、タイ料理とか、インドネシアの焼き鳥サテーとか、
中華料理にあうと思います。

国産菜種油は炒ったタイプ。
北海道の菜種を焙煎、圧搾といった機械的な処理のみで、
精製・化学処理を施さずに作られています。
なにより、味が美味しい。
菜種の味がしっかり残っているんです。
化学処理して、無味無臭になった精製油とは全然別物。

もうひとつ。テレビで紹介されて話題になった、
オレンジオリーブオイル
ベースのオリーブオイルに
苦みの少ないタイプを使っているので、
オレンジの風味が生きています。
ちなみにこのオイル。豚しゃぶのポン酢タレにちょっとたらしてみたら、
オレンジの香りが豚肉に良く合って、とても美味しかったですよ。


ふと店の奥に目をやると、緑が美しい中庭が見えました。
池には水車がゆっくりとまわり、風情があります。
この辺りは、水が豊かに湧きでる場所だそうで、
その出水(でみず)を利用して、先代が作られたのだそうです。
優雅に鯉が泳ぐ池とともに、道行く人に
安らぎを与えてくれています。

山中油店さんの通りをはさんだ向かいは、
「上京歴史探訪館」
平安京以来の上京の歴史がわかる資料の展示があり、
ガイドツアーなどもあるようです。

●上京歴史探訪館の情報はコチラ

今回は時間がなくて見られなかったのが残念。

「上京歴史探訪館」をみて、山中さんで
上質の油をお土産に買う、という散策コース。
おススメです。

それで、お腹がすいたら…

山中油店さんから徒歩1分のところに、
『カフェ綾綺殿(りょうきでん)』 があります。
なんと、山中さんの油を使った揚げものなどの
料理を食べられるお店、こちらもおススメですよ。

詳しくは
カフェ綾綺殿(りょうきでん)のページで。

●綾綺殿のことを書いたページはこちらです


<山中油店さんのお店情報>

【住所】京都市上京区下立売通
    智恵光院西入508
【営業時間】8:30~17:00
【定休日】日、祝
【TEL】075-841-8537
【FAX】075-822-4353
【E-mail】post@yoil.co.jp
【HP】はこちら


山中油店さん、お忙しいところ、
いろいろご説明くださいまして、ありがとうございました。


関連記事

category: 関西おでかけ

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://rentilsoup.blog.fc2.com/tb.php/104-fe90aa74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。