<-- OGP -->;

おしゃべりランチ

きままなお昼休みトークbyレンズ豆のスープ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

鳥取砂丘! 

 

東京に住み続けていたならば、
目が向かなかったかもしれない県(ごめんなさい!)岡山県と鳥取県。
神戸に引っ越して来て始めて、

「あれ?鳥取砂丘行ったことないぞ」
「岡山県?すぐ隣だけど何にも知らない」

と気がつき、この夏、始めて鳥取砂丘に行ってみました。
砂丘2
*写真の後ろ姿は私のスレンダーなお友達。私ではありません(念のため)。


鳥取砂丘は砂以外とにかく何もないのがよろしい。
道路沿いにはお決まりの休憩所やお土産屋はあれど、
いったん砂丘に入ると、もう何もない。

砂だけはたくさんあって、思った以上に丘は小高く、
登るのには結構息が切れるけれど、他に何もないので
海の方を目指して、ひたすら丘を登っていくしかないのです。

砂丘4

真夏はもしかして、すご〜く暑くて上まで登るの諦める人もいるのでは?
でも頑張って砂丘の上まで登ったら、素晴らしい景色と
気持ちのいい海風のご褒美が待っていました。

開放的な景色。
地図の上では日本海は狭いイメージだけど、
やっぱり肉眼で眺める分には関係ないですね。ひろ〜い!

砂丘3

鳥取砂丘は、海中の砂が潮流で海岸線に運ばれ、
さらに海からの風が強いという自然の条件によって作られたそうですが、
なんだか日本ではないみたい。
らくだもいるし。(どこから連れてこられたのか・・・)

エジプトで見た風景を思い出す。
ライトアップされたスフィンクスを見ながらお酒を飲んだな〜。
何にも無いのがいい、と言っておきながら、
「ここにキリリと冷えた白ワインでも飲める店があれば…」
などと、ついつい思ってしまう私です。

実は砂丘に来る前に、食べたランチが美味しくて一同ご機嫌状態です。
腹ごなしの意味もあり、鳥取砂丘のポイントはうなぎのぼりなのでした。

ランチをいただいたお店はココ。鳥取市弥生町の『ペペネーロ』。
レトロな感じの外観ですが、素晴らしい料理でした。
有機無農薬野菜使用なのも、高得点。

ペペネーロ3
ペペネーロ2
ペペネーロ1

特にみんなが感激したのは、神戸産の桃と生ハムの冷製パスタ(写真真ん中)。
神戸はこうべではなく、鳥取市の地名で「かんど」と読みます。
鶏の煮込みもソースが絶品でした。

ペペネーロ

鳥取砂丘、少し暑さの和らいだ晩夏に行くのが正解かもしれません。

砂丘1


関連記事

category: 関西おでかけ

tb: 1   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://rentilsoup.blog.fc2.com/tb.php/191-39214377
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鳥取砂丘

鳥取といえば、やはり砂丘は外せません。 ミュージアムに無関係でも、こればかりは紹介しないわけにはいきませんね。 言うならば、大阪に来て通天閣に登らないようなものです。←ホンマかいな 展望台からガラス越しに砂丘を眺めてみましたが、なんだかイマイチです。 せっかく来たからには、実際に砂丘まで足を踏み入れてみましょう。 展望台から砂丘入口まで、ロープウェイがつながって...

ミュージアムに行きました。 | 2015/12/03 00:40

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。