<-- OGP -->;
FC2ブログ

おしゃべりランチ

きままなお昼休みトークbyレンズ豆のスープ

智頭町の『麻カフェかろり』 

 

鳥取県智頭町といえば、興味のある人にはピンとくる地名、
最近、大麻栽培免許を取得した人がいて、大麻草で町おこしをしようという町です。

6月にたまたま隣町の岡山県西粟倉村に行く機会があり、
智頭町に麻の実カフェをオープン予定の人とお会いしました。
その時はまだ開店準備中だったカフェに行ってみました。

古民家カフェ『麻カフェかロリ』。
智頭町で復活した麻の実を使った料理や飲み物を出しています。

かろり1


昔は日本全国で栽培され、繊維や食用、燃料、建築材料として、
生活に欠かせない作物だった大麻は、
戦後GHQの指導によりできた大麻取締法によって禁止され、
栽培も、単に所持することも難しくなっていました。

でも、大麻には禁止してしまうにはあまりに惜しい
利点がたくさんあるんです。

ものすごく強い繊維ができる。
栄養価の高い実や油がとれる。
よい炭が作れる…などなど。

「麻薬」というイメージが今でも根強い大麻ですが、
もともと栽培されていたものは覚醒成分THCを含まない種類。
そのTHC成分にしても、医薬品としての価値が近年見直されて、
海外でもどんどん合法化されています。

過去にイタリア産のヘンプシードオイル(麻の実油)を
販売していたこともあり、私自身ヘンプが大好き。
美味しい国産のヘンプシードオイルがたくさん作られるといいな〜。

今回は麻の実コーヒーと麻の実ミルク、
そして麻の実入りパンケーキをいただきました。

かろり3

写真 1

どれも美味しいけれど、麻の実ミルクは絶品!
ミルクというけれど、乳製品ではありません。
すりつぶした麻の実に水を加えて混ぜるだけ。
ほんの少し黒蜜をかけていただくのですが、なんだか体にじわ〜っとしみわたり、
体が喜んでいるような感じがしてくるんです!
(個人の感想ですが・笑)

智頭大麻の栽培状況をお聞きすると、
なんと昨年は栽培した麻の実の8割をカラスに食べられてしまったのだとか…
大変な苦労をされているようですね〜。

大麻の畑の見学コースもあるみたいなので、
次に来たら見学もしたいな。

麻栽培 八十八や

「麻カフェかろり」さんの特徴は、
麻の実と使った料理を出すことと
築100年以上の古民家を改築したお店だということ、
そしてもう一つが薪ストーブを使用していることなんです。

ストーブ

オーナーさんは智頭の森林の間伐材を利用したバイオマス燃料の
普及に取り組まれている方。薪ストーブの販売などもされています。

店内は古民家の囲炉裏の横に薪ストーブというふしぎ〜な雰囲気。
だけど居心地がよく、なんだかとっても癒されるのは、
麻の実の料理の効能なのか、
豊かな森林に囲まれたこの場所自体がもつヒーリング効果なのか…

たまたま近くを通りかかる、などということはなさそうな山の中ですが、
そしてとても分かりにく場所にひっそりとたたずむ古民家カフェですが、
ぜひ、わざわざでも行ってみてくださいね!

◎お店情報
麻カフェ かろり
鳥取県八頭郡智頭町福原294
0858-71-0655
関連記事

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://rentilsoup.blog.fc2.com/tb.php/192-709af927
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top