<-- OGP -->;

おしゃべりランチ

きままなお昼休みトークbyレンズ豆のスープ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

娼婦風というより主婦風 !? プッタネスカ 

 

今日は朝からバルサミコ酢の撮影をしました。

正統派で、美味しく、しかもリーズナブルなバルサミコ。
ワインビネガーを足さない、モストコット(ブドウ汁)だけで作るバルサミコ。
ホワイトバルサミコも入れて全部で4種類を近々販売開始しますので、
どうぞお楽しみに!!


…というわけで、今日は忙しかったのでお昼は簡単にすませましょう。
そうだ。プッタネスカ を作ろう!!

プッタネスカの意味が「娼婦風」というのはわりと有名。
ではその意味は?
「忙しい娼婦でも、家にある材料で簡単に作れるパスタ」 とか(一説ですが)。

私は娼婦ではありませんが、やはり忙しい主婦なので、
主婦風プッタネスカ「忙しい主婦でも、家にある材料で簡単に作れるパスタ」

…あ、な~んだ。いつも作っているものってことですね。

材料にはケッパーも使いますが、今日はないので省略。(ここらへんが主婦風!?)
ケッパーの酸味の代わりにほんの少し粒入りマスタードを入れました。

出来上がりはこれです。

DSC_0010.jpg

作り方はこちら

【材料(2人分)】
オリーブ 15~20粒 種なし(種がある場合は種を取る)
  *塩水漬けがベストですが、今日はオリーブのオイル漬けで作りました。
  (ここらへんも主婦風!?)

アンチョヴィ 4枚
ニンニク 1かけ(つぶす)
トウガラシ 鷹の爪1本
パッサータ 300g(無ければトマト缶)
パスタ 200g
オリーブオイル 大さじ3

DSC_0001.jpg

確かにこれらはイタリアの家庭ではどこでも、常備してそうですね。

<手順>
1. 鍋にオリーブオイルとつぶしたニンニク、鷹の爪、アンチョヴィを入れて
  弱火で温めて香りを出す。

DSC_0003_20120528153041.jpg

2.1の鍋にオリーブの実を入れ、次にパッサータを入れて弱火で10分くらい加熱する。
 (ケッパーがある場合はケッパーもここで鍋に入れる)

DSC_0004_20120528153051.jpg

3.茹で上がったパスタと、パルミジャーノの粉チーズ少々(お好みで)を鍋に入れてざっくりと混ぜる。

4.皿に盛って、パセリを飾りできあがり。

DSC_0016_20120528153120.jpg

確かに簡単。
皆さま是非、オリーブ、アンチョヴィ、パッサータ(トマト缶) ケッパー、鷹の爪、
これらは常備してくださいね。色々使えて便利ですよ!

ちなみに今日使ったオリーブは左のオリーブオイル漬け(種なし)。右は塩水漬け(種あり)
どちらも、そのままお酒のおつまみにも美味しいです 

olive_btl_02_20120528175329.jpgolive_btl_01.jpg

●タジャスカオリーブのオイル漬けのページはこちら
●タジャスカオリーブの塩水漬けのページはこちら

ごちそうさまでした~ 



関連記事

category: レシピ

thread: 今日のランチ! - janre: グルメ

tb: 0   cm: 1

△top

コメント

 

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

職務経歴書の書き方の見本 #- | URL | 2014/05/26 12:52 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://rentilsoup.blog.fc2.com/tb.php/24-50ee5b7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。